弱虫ペダル ネタバレ感想 RIDE.364 「進めぬ二人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

弱虫ペダル
RIDE.364
「進めぬ二人」

合流して追い上げる鏑木と青八木!
二人は先頭まで追い付けるのか!?


スポンサーリンク

前回までのあらすじ

弱虫ペダル RIDE.363 「願いのタスキ」 青八木と鏑木が合流!そして意外な展開へ!?【今週の最新話】

古賀のサポートで青八木と合流し、なぜか鏑木が前を走って集団まで追い付く!
この勢いで二人はチームと合流できるのでしょうか?

※以下からの内容はネタバレを含みます。

内容・あらすじ

「総北上がってきます」
「オレンジ頭の6番が前です!!」

wpid-imag5139_1.jpg

引き始めるとペースの上がる鏑木。
抜かれた集団の背中が見えてきた。

その集団の中に入れば空気抵抗が減り、足を休めることができる。

そしてついに集団に復帰する二人。

wpid-imag5138_1.jpg

鏑木は復帰した途端にフラついてしまうが、倒れないように青八木がなんとか支える。

第一段階はなんとかクリア。
ここでしばらく足を休めるのが得策。

しかし、青八木は何かに気づき集団の中で少し前へ出る。

(やはりか・・・!!)
(見当たらない)
(いない・・・!!すでに・・・)

この集団の中に紫のジャージ・・・

wpid-imag5137_1.jpg

京都伏見はいない・・・!!

彼らはすでに飛び出した後。
奴らの狙いも同じように先頭にいる御堂筋との合流。

もし奴らが先に合流すれば・・・。

総北はさらに

wpid-imag5136_1.jpg

圧倒的不利な状況になる!!

あまりゆっくりはできないと判断し、青八木は鏑木を連れて集団から出ようとする。
しかし・・・。

wpid-imag5135_1.jpg

鏑木がついてこれず、飛び出すことができない。

この状況を、前を走る手嶋は予想していた。

仮に合流できて、集団まであがれたとしても、飛び出せるかどうかはわからない。
人数がしればいいが、調子の悪い一人を背負って二人で飛び出すことは厳しい。

何か特別な準備でもしていなければほぼ難しいという。

「飛び出したいか鏑木」

「ったり前っしょ!!」

青八木は何やら秘策を隠している様子。

「・・・これだ」

wpid-imag5134_1.jpg

(か・・・神様のビンセン)

それを受け取り中身を見る鏑木。

「だ・・・ひ・・・めなの」

「何だこれ!?」
「ヒメなのだ!?」

wpid-imag5133_1.jpg

「歌詞だ、ある歌の」

スポンサーリンク

感想

青八木の秘策が出たようです。
これが青八木はこれをずっと持ってたようなので、それならなんとしても鏑木を救いに下がると言ったのもわかりますね。

「ヒメなのだ」というのが歌の歌詞だということですが、一体どんな歌なのでしょうかね(^^;
そんなのが歌詞に入ってるようなのってちょっと個性的だと思うのですが・・・。

そういえば坂道君は確かアニメオタクでした。
だとすると、「ヒメ」というワードがアニメの主題歌なんかで出てきそう。

つまり、これは坂道の好きな歌、もしくは辛いときに聞いている歌とかじゃないですかね?

どちらにしろ、仮にもしこれで鏑木が復活すると言うのなら、彼は相当単純な奴です。
しかも、単純かつ強力で頼もしい選手。

リーダーにはなれないタイプですが、扱い方次第ではものすごい能力を発揮しそうなので、チームとしては重要な役割を果たす選手に成長しそうです。

ただ、この神のビンセンって誰が書いたのでしょうか?
鏑木の反応からすると、過去にもあったような感じですが私はわかりませんね。

事前に用意されているということは、それなりの効果があるのでしょう。

これを理解した鏑木の復活ぶりが楽しみですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*