UQ HOLDER(ユーキューホルダー) 単行本 第8巻 【発売日・内容・登場人物】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

UQ HOLDER(ユーキューホルダー)
第8巻

単行本・コミックス
【発売日・内容・登場人物】


スポンサーリンク

発売日

原作:赤松健
発売日:2015年9月17日(木)

刀太の素性を知る謎の少女からの宣戦布告。
刀太は少女を倒すため、まほら武道会への出場を決意。

アフロ、九郎丸と共に予選会に参加するも、Aクラスの猛者達の前に歯が立たず。
そこに現れた貫禄満点のおばさんは、エヴァをも手玉に取る「狭間の魔女」・ダーナ!!

彼女の元で、刀太の過酷極まる修行が始まった!

7巻あたりから、本作がやっとはじまった感じがするといった声が多く、ファンの期待は徐々に高まってきている。

登場人物

時坂九郎丸(ときさかくろうまる)
UQホルダーNo.11

凄腕の神鳴流剣士。
八咫の烏族と呼ばれる不死狩りの一族の出身で、16歳で成人するまで性別は男でも女でもない。
刀太の親友。

近衛刀太(このえとうた)
UQホルダーNo.7

不死身の吸血鬼。
戦闘の勘は天才的。
「闇の魔法」の能力を持ち、重さを変えられる剣を操る。
料理上手。

「UQホルダー」不死隊ナンバーズ

桜雨キリエ(さくらめきりえ)
UQホルダーNo.9

刀太を「むのー」呼ばわりする「UQホルダー」活動資金の最大の出資者。
能力は「リセットOKな人生」

佐々木三太(ささきさんた)
UQホルダーNo.12

いじめられた過去からひきこもりに。
本人は生きているつもりだったが、実は幽霊。
それ故、多彩な「能力」を持つ。

エヴァンジェリン(雪姫)

700年を生きる吸血鬼。
刀太の育ての親。
「UQホルダー」の女主人。

アフロ

本名はラズロ。
家でした刀太と出会い、「まほら武道会」参加への道を教える。
魔法アブリ製作者。

フェイト・アーウェルンクス

かつての雪姫の仲間。
刀太の祖父。
ネギ・スプリングフィールドを盟友とし、80年前に世界を救った英雄だったが、今は「UQホルダー」の敵。
太陽系最強の魔法使い。

始まりの魔法使い

またの名を「造物主」。
全ての現況と言われる恐るべき魔法使い。
かつて刀太のひいおじいさん、ナギ・スプリングフィールドによって倒された。

前巻までのあらすじ

雪姫に不要と言われた刀太は家出を決行。
出会ったアフロに教わったのはまほら武道会出場への道。

「アンタを殺しに来たよ」

刀太の秘密を知る謎の少女が出現。
そして圧倒される刀太。

謎の少女からの宣戦布告。

「受けて立つぜ」

決意する刀太、まほら武道会へ挑む。

スポンサーリンク

内容

Stage75「トーナメント戦」

余裕で地下闘技場への出場権を得たチームUQアフロ。
Bランク相手にも破竹の快進撃。

刀太はわずか数日で頭角を現した新人独眼竜として注目されていた。

しかし、Aランクのカレン・ダに苦戦。
刃物系武器の切断効果が減衰されている大会で、格闘系が有利とも言われているが、それよりも刀太はカレンの速さについていけずに敗北し、連勝ストップ。

次の相手は身長2メートル越えの巨漢。
裏火星出身の宇宙傭兵とも呼ばれるモルボルグラン。

魔族であるモルボルグランにも苦戦する刀太。
彼は刀太の祖父を知っている様子。

そして、今刀太に必要なのは必殺技だと告げられる。

stage76「昨日の敵は今日の師」

モルボルグランに一敗した刀太は次も負ければ三連敗。
対する相手は15勝4敗の猛者、グロリア・チーフ。

古流ボクシングダンベの使い手のAランカー。

刀太は一撃で負けて三連敗。
グロリアに16勝目がついた。

負けた相手にも好かれ、声をかけられるが、皆口にするのは決め手に欠けるということ。

「やっぱ・・・必殺技か」

九郎丸に教えを乞うが、流派の奥義は数多の状況を生き抜くことを骨子として多くの技を持ち、幼少の頃から鍛錬されてきた。
いくら見込みのある刀太でも付け焼刃では意味がない。

その後、モルボルグランに祖父の使っていた技「雷天大壮」の話を聞く。

それは、彼自身が開発した技で、雷光の速度で敵をほふる「雷速瞬動」の掛け値なしの最強技。
「闇の魔法」(マギア・エレベア)の力を使い、自らの放った魔法を自身に取り込む技だという。

「マギア・・・」
「それって・・・!」

「うん、刀太くんのあの力の・・・」

「てことはまさか・・・」

stage77「貴族の強さ」
stage78「狭間の魔女と雪姫」
stage79「スパルタ修行」
stage80「一歩前進」
stage81「修行の意味」
stage82「みんな大変」
stage83「眠り姫」
stage84「キティの希望と絶望」
stage85「何年過ぎても会いたかった」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*