境界のRINNE 293 「シミュレーション」夏の海でおさげクライシス勃発!ターゲットとなったのは桜!その運命は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

境界のRINNE
293
「シミュレーション」

おさげの女の子を狙う霊。
あげはの一言で桜に敵意を抱くことに!?

境界のRINNE

「霊的問題に悩まされているなら、百葉箱にお供え物と賽銭を入れておけば解決する」
そんな噂を自ら流し、死神みたいな仕事をしている少年・六道りんね。
幼い頃神隠しにあい、それ以来、幽霊が見えるようになった少女・桜は彼とともにさまよう霊を輪廻の輪へと導く日々。

※以下からの内容はネタバレを含みます。

内容・ネタバレ

彼氏の浮気の知らせに傷ついた女子霊。
だが、相手は後ろ姿のみで誰だかわからない。

通りすがりのおさげ女子の髪を引っ張り、さまよっている。
彼女はどうすれば成仏してくれるのだろうか。

うはり恨みを晴らしたいのだろうか・・・それとも。

部屋で髪型をおさげに変えようとしている桜。
それは危ないと止めようとする翼。

しかし、アゲハはこれはあくまで作戦だという。

「そう、おれが真宮桜に頼んだ」

桜をおとりにするのかという翼。
ただ、りんねは考えていた。

「真宮桜に危険が及ばぬよう」

「退魔結界ヘアゴムを用意した!!」

六文の話ではそれはひとつ千円もする超高額品だという。
それを聞いたアゲハは、死神組合から支給される予算を超えているという。

「しみったれた組合だな」

「気にするな真宮桜」
「これはおれの自腹だ」

「いや気にするよ」
「コレ震えてるし血が滲むほど強く唇噛んでるし」

「気にするな」

血の涙を我慢すると他の場所から血が滲むらしい。

「おさげムカつく・・・」

女子霊がヘアゴムのついたおさげを掴んだ瞬間に気絶。
その後すぐに目を覚まして何かを思い出した様子。

「死んでからずっと・・・」
「怖くて近づけなかった場所・・・」

私は彼の浮気相手が誰なのか確かめたくて、こっそり後をつけた。
神社の階段を登る彼。

その場所で・・・。

しかし、そこから先がどうしても思い出せないという。

その神社へ女子霊を連れて行くが、特に思い出せない様子。
彼女の記憶を呼び戻すことがおそらく成仏のカギになるのだが。

「九十九神シール」

賽銭箱にシールを貼るりんね。
あさげの髪に反応している様子。

賽銭箱は確実に何かを目撃したようだった。

「すっげーやだ!すっげーやだ!」
「バーンって、ズルーって、ギャアアア!」

賽銭箱が何を言っているのか全くわからない。

六文がアゲハにメモリーグラスのレンタル品を渡す。

「は!?なんで私に言うのよ」

「お金を出してくださいアゲハさま」

土下座するりんね。

メモリーグラスは、何を言っているかわからない九十九神などが過去に見た映像を再現する3Dメガネ。

それを使って過去の出来事を映像化する。

「ひゃひゃひゃひゃひゃっ!!」

「びっくりしたー」
「えへへへへへ」

これはいったいどういう状況なのか?

「ちょっと誰なのよあんた!」

そこへ止めに入ったのはあの日の女子霊。

「こっち向きなさいよ!」

そう言っておさげの髪を引っ張ったが・・・。

ズル

「きゃーーー!」

彼女はそのまま走って逃げてしまった。

せめて相手の顔を見てからというアゲハ。

「ギャアアアア!!」

あの日、私は引っ張ったおさげがすっぽ抜けたショックで怖くて走り出し、その先で転んで命を落とした。
彼女は結局顔を確認していないが、あれは一体なんだったのか・・・。

「ここだよなカイト」

「地元も久しぶりだ・・・」
「あれから十年か・・・」

それは大人になったカイトとその仲間たち。
彼女が亡くなった場所へ花を供えに来ていた。

見た感じ、おそらくは昔のクラスメイト。
あの日のことを話し始める。

「私のせいかな・・・慌ててあんな写メ送っちゃって」

「だからかなー、あの日すごい剣幕でおれの髪引っ張って・・・」

「お祭りのお化け屋敷のシミュレーションを何度も何度もやっていただけなのに・・・」

「その練習台になってただけなんだが」

「あのガイコツおさげはあなたでしたか」

全ての真相がわかった女子霊は、納得して成仏していった。
スポンサーリンク

感想

これは予想外の展開でした。
あれは女装していたというだけで、ガイコツの変装ってエピソードは必要だったんでしょうかね(^_^;)

別にいらなかったような・・・・。

しかし、この結末、納得した女子霊は成仏していますが、私なら、そんな勘違いで自分だけ命を落としてしまったとわかると死んでも死にきれない。
納得できずに成仏なんてできないですけどねえ。

一連の流れを考えると、カイトにもガイコツくんにも特に罪はないのですが、その写メを送った友達。
彼女にだけは悪意を感じますね。

それを見かけたからと言って、すぐに送りつけること自体がおかしいし、第一あの距離で撮影していて、全ての真相を知らなかったのだろうか?
それを何の説明もなしに送りつけて放ったらかしってのは無責任すぎますね。

これがもし、本当は全てを知っていて、わざと話さずに写メだけを送りつけていたとしたら・・・。

怖いですね~~~・・・。
いつの世も、コワイのは最後は人間。

女子の考えていることは、時にとんでもなく恐ろしいものだったりしますからね~・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*