ビリオンドッグズ第40話【ネタバレ・内容・感想・予想・考察】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビリオンドッグズ第40話【ネタバレ・内容・感想・予想・考察】

前回のあらすじ

竹取組組長・花坂のもとを訪れた猿渡。
猿渡の頼み事は大抵は血の雨が降る、と言って警戒する花坂だが、今回は組長としてではなく、天才彫師。花坂として頼みたい。
刺青を彫って欲しいとお願いする猿渡。
何か背負うものでもできたのか?と問われ、友の為・・・と答える。
その情の深さ故に足を取られ溺れることがある・・・と花坂が忠告するが、情に沈んで死ぬなら本望・・・と覚悟を決めている猿渡。
そこから先は二人で話したいから、と舎弟である東海林も体質させられる。
後日、猿渡が竹取組・組長に接触していることを、泪橋に話す東海林だが、泪橋は「全ては指示通り・・・」と答える。
それよりも、望を週末連れてくるよう東海林に頼む泪橋。
その日がラストチャンス。
そこで、望が俺たちよりもお金を取るようなら、その場で望を殺す。
という計画だが・・・。


スポンサーリンク


内容・ネタバレ

 

 

ドウン!!

wpid-imag2251_1.jpg

 

 

猟銃の銃声が鳴り響く

 

 

花坂
「お、当たった?」

 

「当たったよ水沼さーん!!」

 

 


「いえーい♪」

 

 

ちょっと見てくるー♪

 

 

猟犬とともに獲物を見に茂みの中に入って行く花坂

 

 

ゴクゴク

 

 

ご機嫌でお酒を飲む望

 

 


「いやあ・・・」

 

「すまんかったなあ、最近カリカリしちゃってえ」

 

 

泪橋
「まあ仕事が忙しかったからね」

 

「それだけ三人ともうまくやってるってことだけど」

 

 


「こうやって三人で呑むとおもいだすなあ」

 

「学生時代に野望を語り合った青い春を」

 

「バーカ、昔話にすんじゃねーよ」

 

「俺はあの頃と何にも変わっちゃいねーぜ」

 

「変わったと言えばちん毛に白髪が混じってきたことぐらいかな!!」

 

 


「あーそれ俺も!!」

 

「一緒一緒!!」

 

 

プクク

 

 

泪橋
「おい、何笑ってんだよ東海林ー!?」

 

 

楽しそうに笑う三人

 

 

猿渡
「この腐った日本を変える!!」

 

「俺はそれまで絶対死なねーからな!!」

 

 

泪橋
「そうだね、老いるにはまだ早い」

 

「もう一度初心に帰ってやり直そう!」

 

 


「いいね!!」

 

「望むところだ!!」

 

「じゃあ俺達の未来を願ってえ・・・」

 

 

 

 

「もっとお金ちょーだい」

(!!?)

wpid-imag2250_1.jpg

 

 

猿渡・泪橋
「え」

 

 


「この前の話の続きだよー」

 

「市長選前なのに全然足りないんだよ」

 

「もっとあるんでしょ本当は?ねえ?」

 

 

猿渡
「望、お前・・・」

 

「本気で言ってんのか?」

 

 


「うん、ちょーだい、ちょーだい」

 

 

泪橋
「正直に言うよ望ちゃん」

 

「僕は今の望ちゃんが大嫌いだ」

 

「まっすぐで頑張り屋で熱く生きるのが本当の望ちゃんだと信じたい」

 

「だからひとつだけ聞かせてくれ」

 

「もしもどちらかしか選べないとしたら・・・」

 

「友と金、望ちゃんならどっちを選ぶ?」

wpid-imag2249_1.jpg

 

 


「泪橋・・・」

 

「そりゃお前・・・」

 

 

 

 

「金だよねぇぇぇ!!!」

wpid-imag2248_1.jpg

「・・・・・」

wpid-imag2247_1.jpg


「何度言やあわかるんだ・・・?」

 

「この資本主義社会で一番偉いものは金だ・・・」

 

「お前なんかよりも・・・この俺よりも・・・」

 

「お金様は偉ーい存在なんだよぉ!」

 

 

泪橋
「猿・・・コイツはもうダメだ・・・・」

 

「完全に取り憑かれてやがる」

 

 

猿渡
「すまねぇな泪橋・・・」

wpid-imag2246_1.jpg

「この化け狸を最後まで信じた俺がバカだった」

 

 


「何をゴチャゴチャほざいとんじゃキモチワルイ!!」

 

「早よ金出さんかい、撃ち殺すぞぉ!!」

 

 

泪橋
「撃てよ」

 

 


「あ?」

 

 

泪橋
「撃てば猿がお前を撃って終わりだ」

 

「お前を地獄に落とせるなら」

wpid-imag2245_1.jpg

「俺は心中しても構わない」

 

 


「ぐ・・・」

 

「お・・・」

 

 

猿渡
「泪橋・・・」

 

 

泪橋
「地獄で金は使えねえぞ望ちゃん」

wpid-imag2245_2.jpg

 

 


「フーッ!!」

 

「フーッ!!」

 

冷や汗をかいて鼻息が荒くなる望

 

 

猿渡
「望・・・終わりなんだよお前はここで」

 

「せめて俺の手で葬ってやる」

 

 


「お・・・」

 

「『終わり』・・・?」

 

 

 

「何のことだそりゃあ?」

wpid-imag2244_1.jpg

 

 

チャ・・・

wpid-imag2243_1.jpg

 

 


「!?」

泪橋
「え」

 wpid-imag2243_2.jpg

「東海林・・・?」

wpid-screenshot_2014-12-26-00-49-32_1.jpg



スポンサーリンク


感想
やっぱり予想が当たりましたね。
そうじゃないと今までの回想の話が完全におかしいことになるのでやはり裏切者はいて、東海林でしたね。
おそらくかなり早い段階から手を回されていたと思われますね。
そして今回の計画自体が逆にハメられたんだと思いますね。
望は呼び出されてノコノコついて来たように見せて、このやり取りをすることを予想して、逆に二人が邪魔するようなら殺す計画だったんでしょうね。
しかしここからが問題、30億のありかがわからなくなるのになぜ殺してしまったのか?
拷問してから殺したのか?
けど、この後の展開はおそらく
猿「東海林、お前・・・いつから・・・」
望「お前らが30億の隠し金の話をする少し前からだ・・・」
のような展開があってその後に殺されてしまい、そこへ何も知らずに戻ってきた花坂が、その光景に強烈なショックを受けてしまうんでしょうね・・・。
なんともやるせない・・・悔しい話です。
その後鹿谷レイラまで殺すとか・・・マジで鬼畜。サイテー!!
けどこの感じだと、30億は存在しない気がしてきた。
わざわざ刺青を彫って暗号にする意味があるんだろうか?
誰がその暗号を解くの?何のために?いつ解くの?
色々疑問が残ります・・・。
結局ないんじゃないかな~・・・。
頭の良さそうな泪橋は、万が一自分が死んでしまった場合のことも想定してそうだし、望に有利になるようにはできてはいないと思うんだよな~。
最終的には、望も一縷も暗号は解くが、30億はどこかに寄付された後だった・・・。
とか、在り処はわかっていても使えないようになってるとかね。
とりあえずこの後が気になります・・・。
せっかく頑張った二人もここまでのようですね・・・。
次回、第41話は2月11日水曜日に配信の予定です。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*