ビリオンドッグズ第39話【ネタバレ・内容・感想・予想・考察】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビリオンドッグズ第39話【ネタバレ・内容・感想・予想・考察】

前回のあらすじ

ついに三人の歯車は狂い始める。
資金がたりないと騒ぎ出す望、そんなにお金はないと言う泪橋。
そんな資金ではやっていけないと怒る望。
そして猿渡に「目的を忘れてないか?」と言われてさらに激高し、いいから金を持って来いという望。
妻をベッドで抱きながら「目的を忘れているのはどっちだ猿渡」「何が愛だ、腑抜けが」と怒りが収まらない望。
コトを済ませてから、妻が、息子望が友達もいなくて無感情になっていると話すが、望は「満たされているからだ」という。
「あいつが望めば上にたたせてやる、友達だって買ってやる」と言った。
それを聞いた妻は「あらステキ♪」と言った。
一方、ビルの屋上に集まった、泪橋、猿渡、レイラ、東海林の四人。
泪橋が「望ちゃんがおかしい」「お金がないのは嘘で資金は30億ある」「望ちゃんを切ってやりなおそう」と提案する。
しかし、猿渡は「もう一度望を信じてみよう、それでダメなら切ればいい」と望に最後のチャンスを与えることを提案した。
泪橋は「猿がそう言うなら・・・」とその提案を飲むことにした。


 

内容・ネタバレ

 

 

3日後

 

 

竹取組総本山
「かぐや」

 

 

組長
「よく来たなあ猿渡い」

 

「猿蟹組組長がわざわざ来るとは・・・」

 

「何事?」

 

 

竹取組組長・花坂創斎

wpid-imag6822_1.jpg

 

 

猿渡
「お久しぶりです花坂さん」

 

「今日は折り入ってご相談が」

 

 

花坂
「お前がわしにものを頼む時は大抵」

 

「血の雨が降るから嫌なんだよなあ」

 

 

猿渡
「いえ・・・今日俺は組長のあんたじゃなく」

 

「天才・彫師、花坂創斎に愛に来たんです」

 

 

花坂
「ほーう、お前が刺青を?」

 

「わしはお前のことはケツの青い蒙古斑の時から知っとるが」

 

「何か背負うものでもできたか?」

 

 

猿渡
「はい」

 

「『友』です」

 

 

花坂
「プクク、猿渡い・・・」

 

「お前は昔っから人一倍情の深い人間だったが」

 

「たまーにその深さに己が足を取られ溺れることがある・・・」

 

 

猿渡
「いいんです」

wpid-imag6824_1.jpg

「情に沈んで死ねるなら本望ですから」

 

 

東海林
「アニキ」

 

 

花坂
「いい表情(カオ)するようになったじゃねーか!?」

 

「それでこそわしの愛する猿渡い!!」

 

「星3つです!!」

 

 

猿渡
「ありがとうございます」

 

 

花坂
「お前の頼みならなんだって聞こう!!さあ言え!!」

 

「何掘るの!?」

 

 

猿渡
「では、その前に・・・」

 

「他の者は出て行け」

 

「俺は花坂さんと二人で話がしたい」

 

「お前もだ東海林」

 

 

東海林
「え」

 

 

猿渡
「すまねえな」

wpid-imag6828_1.jpg

 

 

 

浄泪教会本部

 

 

泪橋
「猿が竹取の組長と接触してる?」

 

 

東海林
「はい」

 

「しかも俺にすら何も教えてくれなくていきなりのけ者で・・・」

 

「あの人何企んでるのか俺にはさっぱり・・・」

 

 

泪橋
「全部俺の指示通りだから大丈夫さ」

 

 

東海林
「は・・・!?」

 

 

泪橋
「それよりお前にはやってもらうことがあるんだ東海林」

 

「作戦決行は次の土曜日・・・」

 

 

望ちゃんを誘い出せ

 

 

ドン

 

 

鹿に銃弾が当たる

 

 


「当たった!」

 

「鹿、獲ったどー!!」

 

 

はしゃぐ望

 

 

東海林
「お見事です」

 

 

花坂
「やりますなあ水沼さん!!」

 

 


「ワン、ワン」

 

 

ゴクゴク

 

 

酒を飲む猿渡

 

 

猿渡
「しかしこうやって仕事関係ナシで遊ぶのも」

 

「何年ぶりだろうなあ俺たち・・・」

 

 


「まったくだ!!あはは!!」

 

「久しぶりの鹿狩りは楽しーなあ!!」

 

 


「ワン、ワン」

 

 

泪橋
「この山全部僕のものだから」

 

「今日は一日余計なことは忘れて楽しもうよ」

 

 


「おおお前ら・・・」

 

 

その日が最後通告(ラストチャンス)

そこで望ちゃんが俺たちじゃなく金を選ぶなら

その場で殺す

それが俺たちから望ちゃんへの

wpid-imag6834_1.jpg


「いやあ、持つべきものは友ですなあ」

せめてもの友情だ

wpid-screenshot_2014-12-26-00-49-32_1.jpg


感想
とうとう最新の話に追いつきました!!
かなり色々なことがわかってきましたね。
けど肝心なところはまだわからない・・・。
そして、前記事で書きましたが、この回想シーンでの違和感・・・まだ続いてるどころか、やっぱり変ですね。
この回想シーンは、『日本を変える男、水沼望のお話』と称して、望が話し始め、最初は望の生い立ちから、泪橋、猿渡との出会いまで、そして、日本を変えるために突き進む三人。
そこまでは良かったのですが、前回は後半が泪橋の話、そして今回は猿渡の話、完全におかしいですよね?
望は現在30億のことを知っているわけだけど、回想の中では、望の前ではお金がないことになっているはず。
そして、当時関わっていたメンバーで今も生きている奴は・・・・
かなり見えてきました!!
やっぱりこの違和感は意味がありましたね!
金田一なら(!?)となっている場面ですねww
大体の予想はたてたので、時間があれば、また別記事で、考察と予想を書いてみます!!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*