ビリオンドッグズ2巻 第21話【ネタバレ・内容・感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

ビリオンドッグズ2巻 第21話【ネタバレ・内容・感想】

 

前回のあらすじ
一縷ファン二人と、生徒会会計の神崎から逃げようとしていた一縷と綾葉。
廊下の掃除用具入れに隠れていたが一縷にブスと言われることが気に入らない綾葉が暴れ始める。
『自分は結構カワイイ』という綾葉の発言で一縷は何かを思いつく。
そのまま二人は掃除用具入れからでて床に倒れこむ。
一縷ファン二人と神崎はその光景に驚愕する。
そして一縷は、綾葉に覆いかぶさるようして、床に手をつき(いわゆる床ドン状態)で『今週末パンケーキを食べにいかない?」とデートに誘う。
一縷ファンは発狂し、神崎は床に倒れてしまう。
再度、綾葉に誘いの言葉を投げかける一縷。
まんざれでもなさそうな綾葉は了承する。
はたして一縷の目的は!?


 

内容・ネタバレ

 

水沼邸 鹿の間

 

 

石黒P
「いやあこの前スカウトした女、可愛かったなぁ」

 

 

スタッフ1
「惜しいのを逃しました」

 

 

石黒P
「清純派はムリだがありゃエロくなる身体つきしてたぜぇ」

 

 

綾葉をスカウトしようとして失敗した時のことを思い出す石黒

 

 


「おまんたせ♪」

 

 

ごきげんな様子で鹿の間に入ってくる望

 

 

石黒P
「あー市長!!」

 

 

キラーン

 

 

センスのない金歯が光る

 

 


「いやいやそのままでいいよプロデューサーさん」

 

 

石黒P
「これはこれは」

 

 

ソファから立ち上がりヘコヘコする石黒Pとスタッフ

 

 


「今日来てもらったのは他でもない」

 

「映画のことで一つお願いがありまして」

 

 

しゅるしゅる

 

 

袋の紐を解いて何かを取り出す

 

 

石黒P
「と言いますと?」

 

 


「いやーね♪」

 

「一抹市(ウチ)のご当地ヒーロー・・・」

 

「イチマツダー」

wpid-imag1998_1.jpg

 

 

「コイツを市のPRも兼ねて映画のどっかに出してもらえんだろうか?」

 

 

石黒P
「え?」

 

「あー、はは・・」

 

「それはちょっと・・・」

 

(おいおいムチャブリ・・・)

 

 


「え?」

 

 

きゅぽ

 

 

イチマツダーのフィギュアの首をひねる

 

 

「できるよね?」

wpid-imag1999_1.jpg

もげっ・・・

 

 

イヒヒヒヒ・・・

 

 

石黒P
「・・・はい」

 

「やらせていただきます」

 

 

スタッフ1
「うわ・・・」

 

 

スタッフ2
「怖・・・」

 

 

 

玄関

 

玄関で靴をはく一縷

 

 

一縷の母
「どこいくの一縷?」
「遊び」

 

「晩御飯までには帰るつもり」

 

 

一縷の母
「待ちなさい、今日は集会よ」

 

「久しぶりにあなたも参加しない?」

 

 

一縷
「・・・・・遠慮しとくよ母さん」

 

 

一縷の母
「何で?」

 

「『泪を流すことで心を浄化する』」

wpid-imag2000_1.jpg

「浄泪教(じょうるいきょう)は汚れた魂を清める為にあるのよ」

 

 

 

「小さい頃はよく一緒に行ってたじゃない・・・」

wpid-imag2000_2.jpg

「教祖の泪13世様も待ってくれてるのに・・・」

 

 

一縷
「だから行かないって言ってんじゃん」

 

「そんなにイライラしてると・・・」

 

「魂が汚れるよ母さん」

 

 

一縷の母
「あらやだ、いけない!!」

 

「それもそうね」

 

「いってらっしゃい一縷」

 

 

ポロ

 

 

顔を赤らめて笑顔で涙を流す一縷の母

 

 

一縷
「行ってきます」

 

 

バイバイ

 

 

見送る母

 

 

表参道

 

 

綾葉
「一縷、何で誘ったんだろ・・・」

 

「私のコト好きなのかな?」

 

「ま、そりゃないか」

 

 

おしゃれして待ち合わせ場所で待つ綾葉

 

 

叫助
「おーまた♪」

 

 

綾葉
「叫助!?」

 

 

叫助
「パンケーキ♪パンケーキ♪」

 

「何でアンタ!?」

 

 

一縷
「揃ってる?」

 

 

さわやかに遅れて登場する一縷

 

 

「じゃあ行こっか」

wpid-imag2002_1.jpg

レッツパンケーキ」

wpid-screenshot_2014-12-26-00-49-32_1.jpg


感想
とくにこれといって進展のない話でしたが、久々に一縷の母の登場。
ますます怖さが増してますが、やっぱり常に情緒不安定なようですね。
一縷への愛情も強いようで、独占欲、嫉妬心の強そうなイメージ。
けど一縷は、母の自分への歪んだ愛情を知っているが故に落ち着いて対応しています。
普通ならあんな風に『行くわよね・・・?』って言われたら・・・
『・・・あ・・・はい』って行ってしまいそうな感じですが、さすがは息子、よくわかってる。
母はなにやら宗教の話をしていましたが、そーゆーのにどっぷりはまりそうなタイプ。
一方、父は、石黒にくだらない要望をゴリ推ししてましたが、なにか意味があるのか・・・
石黒も(ムチャブリ)なんて言ってましたが、そこまで無茶でもないっしょ!
撮影する際に、ご当地のものをとりこんでひいきにすることくらい簡単にできるし、するのが普通でしょ!
イチマツダーってそんな嫌がるほどカッコ悪いわけではないですけどね。
望もあんな形相までしてムリ強いするってことはもしかしたらなにか意味があるのか?
さすがにないかな~・・・
イチマツダーってそんな嫌がるほどカッコ悪いわけではないですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*