ビリオンドッグズ第十六話【ネタバレ・感想・内容・予想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビリオンドッグズ第十六話【ネタバレ・感想・内容・予想】


 

前回のあらすじ

甲冑を来た写メを一縷に送ったところで東海林、ピョン吉、篠原が帰宅してくる。
PCモニターでいち早く察知した一縷は、叫助すぐに部屋を出るように命じる。
部屋に徐々に近づいてくる東海林、ピョン吉、篠原。
焦る一縷と叫助・・・。
部屋の前で篠原が鍵を持っていないことに気づき、ドアを開ける。
ドアに鍵はかかっておらず、部屋の鍵は室内の壁のフックにかけてあった。
三人がリビングに入り、叫助はなんとかベランダに隠れ、息を潜める。
篠原が人形ひとつひとつにただいまの挨拶をしていると、一体の埴輪がないことと、配置が変わっていることに気づき騒ぎ出す。
なくなった一体の埴輪はベランダで叫助が持っていた。
東海林は空き巣か何かがはいったと睨む。



 

内容・ネタバレ

 

 

一縷
「逃げろ叫助、殺されるぞ・・・」

 

 

ちら・・・

 

 

部屋の中をこっそり見る叫助

 

 

キョロキョロ

 

 

大丈夫?

 

 

さすさす

 

 

あとで殺す・・・

 

 

あたりを見渡している東海林

 

 

もらいゲロで気持ち悪がるピョン吉の背中をさすり心配する篠原

 

 

怒るピョン吉

 

 

叫助
「いやいや・・・どーやって逃げろっつんだよ・・・!?」

 

 

となりの部屋も住人が帰ってきてるみたいだし・・・

 

 

「てかまだ『30億の身代わり』とやら見つけてねーし・・・!!」

 

 

一縷
「何言ってんだよ」

 

「そんなのとっくに手に入れてる」

 

 

叫助
「え・・・マジ・・・?」

 

(じゃあ・・・)

 

(ミチャコ(こいつ)が『30億の身代わり』!?)

 

 

一縷
「跳べるか叫助?」

 

 

叫助
「は?」

 

「いやムリっしょ・・・」

 

「4階だぞここ・・・・・・」

 

 

一縷
「なら大丈夫だ、その高さならギリギリ死なん」 

「跳べ」

wpid-imag1847_1.jpg

「ドSが・・・!!」

 

 

ピョン吉
「何か外で音しません・・・?」

 

 

うっぷ・・・

 

 

ザッ

 

 

東海林がベランダの方を見る

 

 

一縷
「断言してやる叫助・・・」

 

「ここで跳ばなきゃお前の人生は」

 

「クソだ」

 

 

叫助
「・・・・・」

 

 

ベランダから下を見下ろして固まっている叫助

 

 

叫助
(無茶苦茶だぜ一縷・・・・・!!)

 

 

一縷
「生命(いのち)張れ、親友(ドッグズ)」

wpid-imag1845.jpg

叫助
(やっぱCRAZY(クレイジー)だぜお前・・・!!)

(親父と同じ)

(ニオイがする・・・!!!)

 

 

回想

叫助の親父
「泣くな叫助」

「ビビった時は」

wpid-imag1844.jpg

「滾る方へ進め」

 

 

 

タッ

 

 

叫助

(最高だ・・・!!!)

wpid-imag1843_1.jpg

 

 

wpid-screenshot_2014-12-26-00-49-32_1.jpg



 

※以下感想※
やっぱそれしかないですよね
なんとも大胆な脱出方法ですが
ほんとにそれしかないですよね
ここで跳ばなきゃお前の人生クソ
というよりは跳ばなきゃ殺されますからねww
4階から飛ぶかヤクザに拷問されてなぶり殺されるかなら
さすがに飛ぶしかないですよね
とくに何事もなく脱出しただけの今回の話
最後に叫助の幼少期と親父が出てきましたが
何かの伏線なのでしょうかね?
過去に竹取組と何かあった・・・
今書いてて思ったけど
交通事故で両親を失ったって
叫助は言ってたけど・・・
まさか竹取組に殺されたとか?
何の意味もなくあんなシーンは作らないと思うんだけど・・・
どうなんでしょうかね~
で、次は何をするのでしょうか?
一縷は30億への手がかりを手に入れたようなこと言って
叫助はミチャコだと思ってますが
絶対違いますよねww
叫助の天然ぶり・・・
叫助って適役というか
一縷にとって都合のいい駒みたいな感じがしてきた
行け、逃げろ、跳べ!
あえて突っ込むとしたら・・・
自分でやれや!
って感じですけどねえ
まあそこは二人の硬い絆
親友(ドッグズ)として
互いに信頼している何かがあるんでしょうね
そして、
今回の第16話で1巻が終わりました
ちょうどタイミングよく
もうすぐ2巻が発売されるので
楽しみです。
2巻ももちろん読んだら感想アップします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*