弱虫ペダル ネタバレ RIDE.348 「削る3秒」 インターハイ初日、ついに決着か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

弱虫ペダル RIDE.348 「削る3秒」

エースを背負う黒田!!
意地の引きを見せるか!?

前回までのあらすじ

インターハイ一日目、ゴール目前!
京都伏見・御堂筋が真のとっておきを解放し、全開で鳴子とゴールを競う!!
一方、先頭を追う箱根学園が・・・!?
弱虫ペダル RIDE.347 「変態」

※以下からの内容はネタバレを含みます

内容・ネタバレ

ただ、少しでもタイムを削ることのみを考えながら、後続の先頭を引く箱学・黒田。

そしてついに、トップスピードで最終コーナーにさしかかった。

 

先頭追いつくのに3秒削んだよ!

オレが!!

 

エース葦木場をゴール争いへ送り込むため、コーナーの壁にに肩を当てながら全力で走る黒田。

自転車(クオータ)が暴れだし、車体が揺れるが、ただ削ることのみを目指し、そのまま走る。

 

黒田のヘルメットも、コーナーの壁に当たっているほど。

 

そして・・・。

wpid-imag3064_1.jpg

 

 

 

 

後ろにいる今泉は感じた・・・。

 

「ヤバイ」!!

 

(一瞬頭で考える前に体が反応した)

wpid-imag3063_1.jpg

(反射的に)

 

 

(『この隊列のまま進んだら危険だ』・・・と)

 

瞬間的にそう感じた今泉は、軽く原則したあと、列から外れた。

 

「今だ!出ろ拓斗!」


スポンサーリンク


黒田の声に、箱学エース葦木場が一気に前へ出る!

 

その背中に黒田がしっかりと手をあてがう。

そして、力いっぱい押し、葦木場はさらに前へ出て、加速する!

 

残り150メートル!!

 

wpid-imag3061_1.jpg

黒田は葦木場の背中を押したことによりバランスを崩し、落車してそのまま勢いで壁に激突する。

 

エース葦木場は振り返らずに猛進!!

土壇場!!ゴールまで残り100メートルで箱学が先頭の後ろまで迫る!!

wpid-imag3060_1.jpg

 

それに気づいた御堂筋が逃げる!

そして鳴子もさらに加速し差を詰めさせない!!

 

それを猛追する葦木場!!

 

「オレはこの位置からのスプリントで・・・」

wpid-imag3057_1.jpg

「負けたことないよ!!」

 

三者ゴールスプリント体勢!!

wpid-imag3056_1.jpg

 

残り50メートル!!

迫るゴールライン!!

次号へつづく


スポンサーリンク


感想

葦木場が前へ出ることと、黒田の落車は予想通り。
ただ、今泉は減速したので鳴子の背中を押せそうにはないので、先頭三人の完全な真剣勝負です!
こうなると、もう誰が勝ってもおかしくないですね。
次号では、さすがに決着となると思われます。
かなり楽しみです!
必ず誰かが負け、必ず誰かが勝つ!
こういった真っ向勝負は漫画でもアドレナリン出ますね!

予想順位

三者とも実力者で、誰も不安要素はない。
完全にスプリント勝負!
ただ、葦木場が若干後ろにいるのですが、今まで足を溜めてきているし、スプリントに自信を持っている。
鳴子も御堂筋も同様に自信と実力はあるのですが、なんとなく葦木場がきそう!

自分の予想順位としては

葦木場
鳴子
御堂筋

ですかね。

このロードレース漫画にここまでハマるとは思いませんでした(^^;


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*