弱虫ペダルRIDE.346 「覚悟の5人」ゴール目前で御堂筋が!そして追い上げる3人【ネタバレ・内容・感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

弱虫ペダルRIDE.346 「覚悟の5人」

弱虫B

前回までのあらすじ

インターハイ一日目ゴール前。
先頭二名との開いた差を埋めるべく、箱根学園エース・葦木場が、自ら前を引き加速した!
弱虫ペダル RIDE.345「葦木場拓斗」

wpid-imag7229_1.jpg

※以下からの内容はネタバレを含みます

内容・ネタバレ

先頭と後続、有利なのは?

後続の三人はものすごい速さで追い上げる。

前は二人、後ろは三人、数的に有利!

速いうえに勢いもある。

 

ただ・・・残りが1000・・・いや700あれば後続が有利だが・・・残りは・・・

 

 

500メートル!

 

 

圧倒的に分が悪い!


スポンサーリンク


計算高い御堂筋

力合わせても、汗出して筋肉ふるわせても無駄。

最初から残り500でこの差は計算済み。

 

唯一の計算外だった鳴子を御堂筋は挑発する。

しかし、動じない鳴子は御堂筋と激しくぶつかり合う!

wpid-imag7231_1.jpg

御堂筋のブラフ

鳴子の強さに感服する御堂筋は、突然鳴子に話を始める。

鳴子がもし、関西にいてくれて、ボクと一緒に京都伏見に入って、もし一緒にチームにいてくれたら。

 

「最高の友達になれたんやないかって」

 

 

そして、鳴子は・・・。

 

「作り話はそれで終いか御堂筋」

 

「今度はぶわっとしたムードちらつかせて、ゴールの際で敵の緊張感切ろういうブラフか!!」

「だまされるか!!ボケ!!」

 

「思ってへんやろ『最高の友達』やなんて!!」

 

もちろんこれは、御堂筋の造り話で、一ミリも考えたことはなかったと再び挑発する。

真のとっておき

残り400メートルで、総北の鳴子がわずかに前へ出る!

 

そして、御堂筋はついに、ゴール前で真のとっておきを見せる!

wpid-imag7235_1.jpg

後続の意地

後続の三人も400メートルラインを通過!!

全開で追っているが、当然前も全開で走っている。

差は簡単には縮まらない。

だが、やってやれないことはないと、意地を見せる箱学の黒田が、かさぶたを剥ぐ。

そして、今泉は鳴子が御堂筋をおいかけた理由に気づき、この追走がゴール前ギリギリで追いつけたら、全力で鳴子の背中を押すことを決める!

wpid-imag7237_1.jpg


スポンサーリンク


 

最後の勝負

残り300メートル。

御堂筋の計算では、このまま直線なら追いつかれていたのだが・・・。

 

国道120号線から広い駐車場にゴールゲートを引き入れるためにテクニカルなコーナーが・・・。

wpid-imag7238_1.jpg

2つ!!

 

コーナーの頭をとった鳴子!!

わずかに見えてくるゴールゲート!!

そのコーナーの途中で・・・。

 

 

 

「さあ、とぼか・・・」

 

 

 

wpid-imag7239_2.jpg

 

コーナーに先に入られたが、2つのコーナーに全速力でで突っ込む後続三人!!

「見せてやんよオレの」

「ギッリギリのコーナーリングを!!」

感想

鳴子と御堂筋

鳴子はコーナーに頭で入ったことでかなり有利な位置にいますが、御堂筋もすぐ後ろにいるうえに、なにかもわからないとっておきに対し、どう対処するのか?
ゴールがすぐそばに見えてはいるが、先頭でゴールするのは簡単ではなさそう。
そして御堂筋の真のとっておきとはなんなのか?
トブとはどういうことなのか?
最後に妙な体勢になったところで終わりましたが、何かをするのは間違いない。
さらにそれを御堂筋は計算していたのだから、勝ち目はないのか?

黒田のコーナーリング

先頭からどれくらいの差があるのかがわかりませんが、わずかな差なら、全速力でのコーナーリングのほうが有利なんじゃないでしょうかね?
けど、もしかして、あとわずかのところで箱学まさかの転倒とか?
そしてとっておきで前へ出た御堂筋、だが鳴子の後ろには今泉。
御堂筋の真のとっておきと、総北二人の力の勝負になるか!?
次がほんとに最後の勝負!
どうなるんでしょうか~?
次号が楽しみすぎて仕方がない!
ここはもちろん、鳴子に頑張ってほしいです!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*