メジャー2ndセカンド(MAJOR2nd)第4話「光るの実力」佐藤光はまさかのしろうと!!しかし、彼は・・・。【ネタバレ・内容・感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メジャー2セカンド(MAJOR2nd)
第4話「光るの実力」

59fbbc34d1e4660c2e8a94d4ecece214c6ef24631425462237

実力の無さを再び実感した大吾だが・・・。

前回のあらすじ

才能の無さと二世の重圧から野球をやめた大吾だが、助っ人を頼まれ、ドルフィンズに一日復帰。
そこで大吾が見たのは、入部した寿也の息子・光。
だが先発した大吾はいきなり弱肩を露呈してしまう。
メジャーセカンド(MAJOR2)第3話「やめた理由」

※以下からの内容はネタバレを含みます

内容・ネタバレ

ドルフィンズの攻撃。

ツーアウト満塁で打順を迎えた大吾。

 

(相手ピッチャーは連続フォアボールで制球に苦しんでいる。)

(ここはじっくり見て)

 

「大吾いけー!」

「オヤジ譲りの豪快なホームラン見せろ!!」

「オマエのDNAなら打てる!!」

 

チームメイトの声援に動揺した大吾は、初球からボール球を2球空振りし、いきなり追い込まれる。

 

「ボール球だ!よく見ろ!相手助けるな!」

 

焦っている大吾に藤井が声をかけ落ち着かせる。

 

チームメイトが余計なことを言うから翻弄されてしまったと自覚し、落ち着きを取り戻す大吾だが・・・。

 

 

 

wpid-imag2991_1.jpg

 

wpid-imag2991_2.jpg

あっさりと大吾の打席は終わり、チャンスから一点も返せずチェンジとなる。

 

フェンス越しに母・薫が声をかけるが、大吾には母が脳天気でいるようにしか見えなかった。

 

やっぱ・・・

野球なんて俺には辛いだけだわ。

 

そして迎えたピンチ。

ワンナウト、ランナー二塁。

 

打球の速いショートゴロに木村が飛びつくが、弾いてしまいワンナウト一、三塁でピンチは続く。

 

木村がうずくまっていることで集まるチームメイト。

打球にダイビングした際に右手を痛めたようだった。

 

人数がギリギリしかいないこの状況に慌てる藤井だが、田代が「無理はさせられない」と言ってベンチにいる佐藤を呼ぶ。

 

そして、センターの岸本がショートに入り、佐藤がセンターとして入ることとなった。

ベンチで退屈していた光は喜んで出場を引き受けた。

 

大吾は、余裕そうに構えている佐藤を見て、同じ二世として比較されるのではないかと不安になっていた。

 

一方、ベンチでも田代と藤井が佐藤の実力がどうなのかを話していた。

アメリカのリトルでどれくらいの実力だったのか?

実戦でお手並み拝見もいいだろう。

 

そして、プレイを再開した矢先、いきなりセンターにいる佐藤のほうへフライが飛ぶ。

wpid-imag2990_1.jpg

ほぼ落下点にいる佐藤。

 

ワンナウト一、三塁。

 

犠牲フライには十分。

 

あとは刺せるかどうか!

 

佐藤ジュニアの肩は・・・!?


スポンサーリンク


wpid-imag2982_1.jpg

エラーになり、ランニングホームランを狙うバッター。

 

ボーッと立っている佐藤だが、大吾がカバーに入り、ボールを拾う。

wpid-imag2989_1.jpg

そのボールを大吾の手から奪った佐藤は一気にホームめがけて送球する。

 

 

 

 

 

wpid-imag2985_1.jpg

しかし、ボールは自陣のベンチを直撃・・・。

 

イージーフライはバンザイ、コントロールはムチャクチャだし、ふざけてんのか?と怒る大吾。

 

だが・・・。

 

「え?リトルでやってたなんてぼくは一言も言ってないよ?」

「僕は今日、初めて野球やるんだけど?」

wpid-imag2987_1.jpg

光、まさかの初心者!!

だがそのポテンシャルの高さに大吾は!?


スポンサーリンク


動揺する大吾

折角のチャンスで打順を迎えた大吾でしたが、チャンスを生かせないまま、最短で終わってしまいましたね。
藤井の言うとおり、ピッチャーに楽をさせただけでした。
ただ、この場面を見たところ、また大吾の克服すべき課題が見えましたね。
とにかくまわりのことを気にしすぎです。
メンタルが弱いというか、考えすぎというか・・・。
やっぱり二世だということを大吾自身が気にしすぎですし、自分のプレイスタイルが固まっていない感じ。
大吾自身はすぐまわりのせいにしたり、自分の才能のなさのせいにしたりしますが、単純に、練習、経験が足りてないのかなと思いますね。
しっかり誰にも負けないように練習していれば、自身がつき、まわりの声にもブレない強い心がモテるはず。
そしてその経験を何度も積めばそのうち余計なものはきこえなくなるんじゃないでしょうかね。
とにかく、まだまだ経験することですね。

光の余裕

イヤミなキャラに見えていた光ですが、ただ単純に、なんの重圧も受けていないから、あんなふうに楽なスタンスでいられたってだけのようですね。
試合に出た時の喜び方や余裕も、わからないからこそ純粋に喜んで、まあなんとかなるだろうくらいの気持ちで挑んでいたからこそ、余計なプレッシャーを受けずにいられたってわけですね。
で、これが大吾にいい影響を与えそう。
光の呑気な感じが大吾には足りないんですね。
失敗したら、謝って、次またおなじ失敗をしないように努力すればいい。
そんなスタンスで挑めば大吾はもっと楽になるんじゃないでしょうか。

今後の展開予想

まだ練習試合の場面は続きそうですが、大吾は野球がやりたいのに肩が弱い。
光は強肩だが野球をやったことがなく、脳天気に笑っている。
このことが大吾にとってどう感じるかですね。
予想がなかなか難しいです。
致命的な欠点の弱肩であるがために、野球が嫌になった、けど、本当は心の中では野球がやりたい、おとさんのようになりたい。
一方、強肩という圧倒的な才能を見せつけた光は素人で、脳天気。
大吾からしたら、光の才能が欲しくてたまらない、羨ましすぎるはず。
しかし、そんな才能を持ちながらも野球をやっていない光を見たら、なんとも言えないジレンマのようなものを感じてしまうんじゃないかなと思う。
なぜぼくの肩は弱いのか・・・?なぜ野球をやっていないあいつのほうが肩が強いのか・・・?
悔しいような、はがゆいようなやるせない気持ちになると思う。
そのことで、光にきつくあたってしまったりするんじゃないかな。
どうしてお前はそんなにのんきでいられるんだ!
なんでいつもヘラヘラしたいるんだ!
野球がやりたくて始めたオレは肩が弱くて、野球をやってないお前が肩が強いなんて不公平だ!
とか言い出しそう。
そんなことをいいながらも試合が進んで、大吾が守備でライトとセンターをカバーし、光が送球する。みたいな役割分担するとか?
けどあのコントロールじゃさすがに無理かな・・・(^_^;)
どちらにしろ、二人はまだまだ仲良くはなりそうにはない気がしますね。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*