バイオハザード~ヘブンリーアイランド~第11話「島の秘密」【ネタバレ・感想・内容】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バイオハザード~ヘブンリーアイランド~第11話「島の秘密」

BO4

前回までのあらすじ

番組プロデューサーの肩書きを偽造し、島に上陸していたマイクは、持ち込んだ解析コードでB.O.Wを起動させる・・・!
バイオハザード~ヘブンリーアイランド~第10話「マユの素顔」

※以下からの内容はネタバレを含みます


スポンサーリンク


内容・ネタバレ

マイクの目的

B.O.Wの復活を残虐な事件として世界中に宣伝する。

そのために島に乗り込んだのだ!

ロケ隊は壊滅する・・・しかし、撮影された多くの映像が、哀れなタレントたちが死んでいく様は話題性十分。

そして安価な兵器を探している独裁者やテロリストたちは気づく・・・。

「アレは使える・・・と」

wpid-imag2850_1.jpg

そしてこのためにエージェントであるマイクに高額なお金を払うものがいるだろう。

それがマイクの目的だった。

呪術師の力

島は目的を取り戻し、計画は再開された、と主に伝えろとジューリーに言うマイク。

wpid-imag2851_1.jpg

そこへ、島の呪術師が現れる。

「魔人よ」

「奴らはオマエの妻を奪いにきたぞ」

 

「侵入者を滅せよ!」

wpid-imag2853_1.jpg

バカな占い師だと鼻で笑うマイクだが・・・。

wpid-imag2854_1.jpg

呪術師は、この魔人はキーワードを使えば命令を遂行できる、マイクの手順は所詮は稚拙なマニュアルにすぎないという。

wpid-imag2855_1.jpg

制御PCで魔人を止めようとするマイクだが、全くいうことをきかない。

 

なぜこんなことに・・・!?

wpid-imag2856_1.jpg

 

 

wpid-imag2857_3.jpg

イネスの救難信号は!?

真っ二つにされたマイクを見て逃げるジューリー。

そして、拘束されていたイネスも危険を感じ、なんとかロープを外して拘束を解き、気を失っているマリルーを起こし、解放する。

PCにつないであるスマホを外し、クレアにSOSの救難信号を送信しようとする。

wpid-imag2858_1.jpg

持っていたスマホが手から離れてしまい、魔人のファンに巻き込まれて破壊されてしまう。

wpid-imag2860_1.jpg

魔人の攻撃は間一髪かわしたものの、クレアとの唯一の連絡手段であるスマホが粉々になってしまった。

 

クレアへ救難信号は届いたのか!?

wpid-imag2861_1.jpg

 

感想

予想通り

マイクに関しての展開は、最初から予想していたことがほとんど当たっていました。
早く死亡するキャラ。
お金儲けのために魔人を起動する。
そのためにタレントを連れてきた。
映像が残される。
余計なことだけして殺される。
やっぱりそうでした。
まあどんな漫画でもこういったキャラは生きていても意味がなく、暴走が始まる単なるきっかけに必要なキャラなんで用済みですね。


スポンサーリンク


ジューリーは何者!?

マイクに「か弱い演技も大事だが・・・」と言われてますが、主に伝えろと言っていることから、この魔人復活に目をつけて出資している組織の一員ってところでしょうか?
島の神殿に侵入する時に、見張りの村人をなんのためらいもなく瞬殺していた強さと、技術はどう見ても素人とは言えないものでしたからね。
その場面がよくわからない方は、もう一度確かめて見てください。
その場面の記事はコチラ↓
バイオハザード~ヘブンリーアイランド~第7話「モ・リ・オ」
相当な訓練と実戦経験を積んでないとあんなことはできませんからね(^_^;)

呪術師のキーワード

これは、今回の話だけではなんのことなのかはよくわかりません。
ですが、マイクのやっていることはとりあえず意味がなかったようです。
となると、島の一部の人間はまた別の何かを知っているようです。
数年前に消えたというマリルーの兄も気になります。
とにかく、この魔人もジャングルにいたモリオも呪術師のひとことで動いてるっぽいですね。

イネスの救難信号

まあこれは届いてると考える方が自然かな・・・。
スマホが破壊されたので、今後の連絡手段がなくなったことは痛いですが・・・。
SOSをタッチするだけで送信されるようなアプリなら、数秒で送信されてるはず!
ただ、この巨大で危険な魔人相手に、銃を構えようとしているイネスですが、マリルーがいるこの状況では相当なピンチなのは間違いないですね。
B.O.W相手にあんな拳銃ひとつってのがひ弱すぎ・・・(^_^;)
とにかく、逃げたところで武器もなければ連絡もできないので、応援が来ない限りは危険な状況が続きそうですね。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*