弱虫ペダル RIDE.344 「シビれる直線!!」残り1キロの戦いの結果は!?【ネタバレ・内容・感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

弱虫ペダル RIDE.344 「シビれる直線!!」

インターハイの熱気は最高潮!!

迫る栄光のゴールゲート!!

勝者の証、イエローゼッケンを手にするのは誰だ!!!

前回までのあらすじ

インターハイ一日目ゴール前。
後続を突き放し、逃げ切りを意識して走る御堂筋。
先頭で唯一競り合う鳴子との因縁の勝負の行方は!?
弱虫ペダル RIDE.343「逃げ切り!!」

※以下からの内容はネタバレを含みます

内容・ネタバレ

栃木県・日光市

中禅寺湖の北西部

標高1400メートルには広大な湿地が広がっている。

日光火山群の主峰・男体山の噴火の際にせき止められてできた湖が長い時間をかけて湿地化したものである。

その名を・・・

 

戦場ヶ原

 

日光の大蛇と赤城山の大百足が戦った昔の伝説によるものである。

尾瀬とならぶ有名な大湿地は、多様な動植物をはぐぐみ、夏の避暑地、観光地としても賑わっている。

戦場ヶ原を貫く国道120号線

三本松公園駐車場特設ゲート

ここが、インターハイ栃木県大会一日目のゴールである。

 

ゴール前の平坦に差し掛かった総北と京都伏見。

wpid-imag2724_1.jpg

太もものテープを外し、ここまで貯めてきたとっておきを開放する御堂筋。

 

ゴール前に先回りした定時、沢田、ゴリ蔵。

定時は、サポートの兄・杉元照文に連絡をとり、いつごろ来るかを聞く。

wpid-imag2723_1.jpg

しかし、照文と古賀は運良くゴールに向かう報道の車両に乗せてもらって、向かってはいるが、間に合うかどうかはわからない。

そこにいる一年だけでサポートの準備をするよう古賀の指示を受ける。

そして、定時には、応援をするよう指示。

ゴール前の選手は出し切ってるその中で、最後の最後、力になるのは仲間の応援しかない。

定時の応援で勝たせろと言われるが、あたふたする定時。

古賀に「お前しかいない」「他の声にかき消されないように声で背中をおせ」と言われる。

電話は照文にかわる。

「おまえならできる」

「お前は人一倍声が大きい」

その言葉を聞いて、覚悟を決めた定時は、気合を入れて応援することを決意する。

 

 

一方、レース先頭の二人

wpid-imag2720_1.jpg

広い道を走りながら、互いに競り合い、ぶつかり合う鳴子と御堂筋。

鳴子が以前よりも強くなっている。

そう感じた御堂筋はさらに気合いが入る!

wpid-imag2721_1.jpg

インターハイゴール前の平坦で、男・鳴子章吉!!

御堂筋と一発勝負!

残りは900メートルで御堂筋が前へ出る!

wpid-imag2718_1.jpg

 


スポンサーリンク


 

 

 

後続の三人

箱学の届け屋・黒田
協調する総北・今泉
箱学のエース葦木場

wpid-imag2717_1.jpg

登りを終えて、平坦に差し掛かる。

先頭との差は・・・

 

 

350メートル!!

 

意外と開いている差に驚くが、総北・今泉は展開としては悪くはない。

しかし、このままでは苦しい箱学。

 

(積み上げた箱学のプライドが!!)

(自分たちの走りが届かないのか!?)

(ここまでエース葦木場を運んできて、届け屋・黒猫と呼ばれたこのオレが・・・たった一回の凡ミスで・・・。)

 

 

「いいよ・・・」

 

「オレが引くよ」

wpid-imag2716_1.jpg

「もうオレたちに失うものは何もない」

 

王者はゴールを譲らない!!

ハコガクエース葦木場、動く!!


スポンサーリンク


感想

鳴子と御堂筋の勝負の行方は!?

これは相当面白い勝負してますが、なんとなく、平坦、直線での勝負なら、互角かもしくは鳴子のほうに分がありそうですね。
別にへばっているわけではないし、まだまだ自信がありそうな雰囲気ですからね。
ただ、気になるのは後続・・・。
一見、逃げ切りになりそうな展開になってますが果たして・・・?

エース葦木場の実力は?

ここは読み始めたばかりの自分には完全に未知数ですが、本人が言っているように。
「失うものはない」
ここまで黒田が頑張ってくれていたようですが、もうこれだけの差がついた上に、のこりキロを切っているならもう勝負に出る以外ないですよね。
それで負けるなら仕方がないですが、勝負せずして負けては意味がない。
葦木場が引くことによって、ゴール目前で先頭に追いつきそうな予感。

勝つのは誰だ!?

今のところでは先頭は離れていますが、ゴール直前あたりで、後続が追いつきそうな気がするので、実質は3校の三つ巴になるかなと。
そうなるともう誰が勝つかはわからないけど、勝負としてはまた、箱学と総北に戻るのかな?
不利なのは一人になる御堂筋・・・と思ってたけど。
よく考えたらあのキモチワルイ子・・・・小鞠はどこにいるんでしょうか?
気になります・・・そしていないことがまたキモチワルイ・・・。
これは本当にギリギリまでわからない!
ゴールするまではまだ3週くらいはかかるかなあ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*