弱虫ペダル RIDE.343「逃げ切り!!」【ネタバレ・感想・内容】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

弱虫ペダル RIDE.343「逃げ切り!!」

前回までのあらすじ

インターハイ一日目ゴール争奪戦。
先頭集団から飛び出した御堂筋を鳴子が追い、黒田、葦木場は今泉と協調。
勝利を狙う各校の思惑が渦巻く!
弱虫ペダル RIDE.342「スイッチ」


スポンサーリンク


内容・ネタバレ

一日目ゴールまで2.5キロ

トップは京都伏見の御堂筋!

ペースを上げる、御堂筋に対し、苦痛の表情の鳴子。

このまま二人の逃げ切りゴールとなるのか!?

御堂筋が地形と時間とタイミングを読んでつけた差。

あとはこのさを維持すれば勝利となる。

残りキロ地点を通過。

「勝ち、勝利、結晶」

「誰よりも速い証、誰よしも強い証」

「誰よりも正しい証!!」

「何よりも純粋なもの・・・それが」

「ゴール!!!」

wpid-imag2685_1.jpg

 

 

 

執念で差を維持して逃げ切ろうとする御堂筋。

 

しかし、またそのすぐそばに鳴子の姿が!!

wpid-imag2684_1.jpg

意地で追いついた鳴子。

 

後ろをチラチラ見る走りから、警戒をといて前だけ見る走りに切り替わるタイミングを見計らって追い上げたという。

 

そして、全力での勝負を挑む鳴子!!

wpid-imag2683_1.jpg

 

 

 

そのまま鳴子が一気に前へ出る!

wpid-imag2682_1.jpg

 

 

上りはわざと先行させて脚を貯めていた。

 

一日目のコースは中禅寺湖からのつづら折りを終えて、最後の登りの白樺の林を抜ければゴールまでは・・・。


スポンサーリンク


 

 

 

男体山のすそ野に広がる完全な平坦一本道だ!!

wpid-imag2681_1.jpg

総北3番、ヤツは元スプリンターだ!!

 

 

wpid-imag2680_1.jpg

 

緑の中の一本道!!

最終ラインまで1700!

平坦!!

二人きり!!

あの時と同じ・・・。

 

 

大阪で鳴子が御堂筋に負けた状況と同じだった。

 

そして、ゴール前というおまけつき!

 

これなら勝負に文句はないと、とっておきを出して本気になる御堂筋!!

wpid-imag2679_1.jpg

 

 

 

約束の勝負の時や!!

wpid-imag2678_1.jpg

 

感想

ここで今もってる週刊少年チャンピオンの最新においついてしまいました!
なんて面白いところで切れるのか・・・(^_^;)
読み始めたタイミングがほんとに絶妙でした!
マジでクソ面白いですね!
スプリンターとかわからないですが、どうやらスピード勝負に強いっぽい感じですね。
その鳴子と御堂筋がどちらが早いのか!?
めっちゃ先が気になる!
御堂筋はあいかわらずキモいので鳴子に絶対勝ってほしい!
そしてこの感じだと箱学と今泉は追いつけそうにはないですね。
てことは恐らく、箱学二人と今泉という状況の中で、今泉がどう戦うか?ってところが見所になりそうですね。
とりあえず白樺の林あたりまでは、運び屋黒猫の黒田について行くとして、脚を貯めている長身エース・葦木場と総北・今泉のエース対決一騎打ちって感じになりそうですね。
このロードレースマンガ「弱虫ペダル」がこんなに面白いなんて!
次号がめっちゃ楽しみです!!


 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*