弱虫ペダル RIDE.340「激震」【ネタバレ・内容・感想・あらすじ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

弱虫ペダル RIDE.340「激震」

近づく一日目ゴール!!
総北と箱根学園のもとに最恐のチームが襲いかかる!!

前回のあらすじ

インターハイ一日目ゴール争奪戦。
激化する先頭争いに京都伏見・御堂筋、小鞠が参戦!!
ゴールを狙い総北と箱根学園の集団を背後から強襲した!!
弱虫ペダル RIDE.339「襲来」


スポンサーリンク


内容・ネタバレ

ゴールまで残り3.5キロ

最後のゴール争い、箱学と宗甫区の間に割ってはいったのは・・・。

京都伏見!

wpid-imag2639.jpg

以前に黒田が福富に言われたことを思い出す。

京都伏見の御堂筋は、勝利に純粋な走りをする。

黒田が三年になるころには、箱学、総北、京都の三強の時代が来る!

そんなことを考えているうちに素早く御堂筋に左を取られる。

その隙に、小毬が右から近づき、大胆にも黒田の太ももを触る。

黒田はすぐに振り払う。

小鞠はスタート前に今泉に同じようなことをしていた。

リストでは補欠なのに今はゴール前にいる。

実力者なのか?

謎の多い小鞠を警戒する黒田と今泉。

そして、今回のインターハイ一日目、中禅寺湖を抜けたあと、ゴールまでにある、つづら折りの峠にさしかかる。

wpid-imag2641_1.jpg

しかし、ほんの一瞬見逃した隙に、御堂筋を見失う箱学と総北。

京都伏見は先頭に追いついてすぐ、小鞠のイタズラで混乱させ、その隙に出し抜いてアタックをかけて逃げたと読む今泉。

単独ゴールを狙っていると読んだ今泉は、そうはさせまいと追い上げる!

しかし・・・。

追い上げようとする今泉の背後に鳴子の姿はなかった・・・。

 

 

 


スポンサーリンク


 

 

 

一方、御堂筋は・・・。

 

やはり単独ゴールを狙って一人で走っていた。

追いついたときに混乱させ、それに乗じてアタックをかける。

御堂筋の予定通りだった。

のこり3キロ

 

「このままゴールを頂く!!」

wpid-imag2644_1.jpg

トップは京都伏見!!

登りで最初にあがってきたのは御堂筋!!

 

「はずやったのに・・・」

「お前だけは小鞠くんじゃなくぼくのことから目離さんかったようやなあ・・・」

 

 

 

 

 

マメトサカくうん!!

wpid-imag2643_1.jpg

二番手は総北!!鳴子!!

単独で御堂筋についていってる!!

感想

いやあ、激おもしろい!!
鳴子くんかっこええ!!
御堂筋はすごいのだろうけどキモイから絶対負けないでほしいなあ。
で、ここにきてあれだけ自信満々だった猫足の黒田が目立たない・・・(^_^;)
たいしたことないのかな?
それともまた最後の最後で来るとか?
早くラストのゴールシーンが見たいですね~!
マジで漫画でもここまでロードレースが面白いとは!
色々と駆け引きがある勝負って見ていて楽しいですよね。
で、途中からほんとに消えた岸上小鞠はどこへ?
今泉、黒田よりも前にいるのかな?
今後の展開がかなり楽しみです!


 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*