サイクルロードレースとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイクルロードレースとは?

自転車競技におけるロードレース は、主に舗装された道路を自転車で走り、ゴールの順番や所要時間を争う競技。
走る距離は短いものでは数km程度(ステージレースのいわゆる「プロローグラン」)
長いレースでは1日で300km弱(ミラノ〜サンレモなど)にも及ぶ。
どのレースでも個々の成績を争うため、基本的には個人競技であるが、上級カテゴリーのレースでは、複数人のメンバーが役割を分担して、チームが定めた目標達成のために走るため、ほとんどの場合、団体競技の様相を呈する。

252fef45c3065496904fe826758e6f2d

個人戦と集団戦

ロードレースの最も単純な形態はワンデイレース(1日で終了するレース)で、「個人」が、「ゴールの順番を競う」というものであり、これはアマチュアレースや小規模なレースでよく見られる。
プロのレースや、アマチュアのレースの中でも大規模なものでは、ワンデーレースだけでなくステージレース(複数日行われるレース)も加わり、「チーム」が「メンバーの誰かを勝たせるために走る」ことが多い。

頭脳戦

大きなレースでは様々な賞が設定されているため全ての選手が優勝目指して走るのではなく、個人やチーム単位でいくつかの戦略目標を設定し、それに向かって各自が最善を尽くすことになる。

結果として、グランツールをはじめとする大きなステージレースでは個々の選手の思惑や意地、チーム単位での戦略が絡み合い、更に刻々と変わる気象条件や落車、選手の微妙なコンディションの差異などの偶発的要素もそれらの戦略目標に大きな影響を与える為、極めて複雑な頭脳戦の様相を呈する。


スポンサーリンク


レースの種類

ワンデイレース

1日(厳密には単一のステージ)で勝負を決するレースで、基本的に順位のみを競う。

ステージレース

複数日(厳密には複数のステージ)にわたってレースを行い、各日ごとにゴールまでの「順番」を争うほか、「最終的な所要時間」「ゴールまたはコース途中の指定地点での通過順におけるポイント」「指定された山岳および峠での通過順におけるポイント」など複数の分野で総合成績を競う。

様々なステージ

マスドスタート

最も一般的なステージ。
参加競技者全員が一斉にスタートし、最初にゴールした者が勝者。

場合によっては選手が一斉にスタートする地点(セレモニースタート)と競技開始地点(アクチュアルスタート)が異なる場合がある。
この区間はパレードランと呼ばれ、審判車の先導の元ゆっくりと移動する。

個人タイムトライアル

一人ずつスタートし、走破タイムを競う。
他の競技者の直後を走るドラフティング走行は認められない。
グランツールでは「プロローグ」と称して初日に数キロのごく短い個人タイムトライアルを行うこともある。

マスドスタートの山岳ステージとともに、個人総合優勝の行方を大きく左右するステージとなる。

チームタイムトライアル

チーム単位でスタートし、レース中はチームが一団となって走り(ドラフティング走行は同一チームの競技者のみ可能)、チームのうち規定の順番(1チームの定員によって異なる。1チーム9人のグランツールでは5番目)でゴールした選手のタイムで競う。

初日に行われた場合は最も短い走破タイムを出したチームのうち、最初にゴールラインを切った選手が翌日のリーダージャージを着用する。
ステージレースにおける個人総合タイムは基本的に「チームのタイム」が与えられるが、途中で集団走行から遅れてしまった選手についてはその選手のゴールまでの走破タイムが与えられる。

ステージレースの表彰対象

ステージレースでは「時に個人、時にチーム」で、「その日のゴールの着順」「最終的な所要時間など各種の総合成績」などいくつかの目的のために走ることになる。

例えば最も有名なステージレースである3つのグランツールでは、勝利を争う主体は「個人」及び「集団(チーム)」であり、争われるのは「ステージごとの着順」と「最終的な走破時間」及び「最終的な獲得ポイント」であり、

個人総合優勝(レース全体を通しての走破タイムで争われる)
ステージ優勝(ステージごとの着順で争われる)
チーム総合優勝(ステージごとに各チームの先着3人のタイムが積算されていき、そのタイムで争われる。同一チーム内の総合上位3人の合計タイムではない)
ポイント賞(レース全体を通してのスプリントポイント獲得数で争われる)
山岳賞(レース全体を通しての山岳ポイントの獲得数で争われる)
新人賞(ヤングライダー賞とも。開催年に25歳以下の誕生日を迎える選手限定でレース全体を通しての走破タイムで争われる。ジロとツールのみで、こちらは逆に下記の複合賞がない)
複合賞(コンビネーション賞とも。ブエルタのみで新人賞の代わりにある。個人総合順位、ポイント賞順位、山岳賞順位それぞれの順位合計が少ない人が獲得する)

といういくつもの賞をめぐる争いが展開される。


スポンサーリンク


競技方法

ロードレースの競技規則は国際自転車競技連合 (UCI) によって決められているが、ステージレースにおけるステージの構成やポイントの配分、レースの距離などは、レースの主催者が決定している。

マスドスタート(マスドレース)

全選手が一斉にスタートし、ゴールの順番や所要時間を競う。
通常行われるレース形式であり、「ロードレース」と言うとこの競技方法を指している場合もある。

チームタイムトライアル(チームTT)

TTT(Team Time Trial)

一定時間毎にチームの全員が出走し、チームごとのゴールタイムを競う。
チームのうち規定の順番(1チームの定員によって異なる)でゴールした選手のタイムがそのチームのタイムとなる。

個人タイムトライアル(個人TT)

ITT(Individual Time Trial)

一定時間毎に選手が個別に出走し、ゴールタイムを競う。


 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*