バイオハザード~ヘブンリーアイランド~第8話「戦い」【ネタバレ・内容・感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バイオハザード~ヘブンリーアイランド~
第8話「戦い」

前回までのあらすじ

巨大な銛と錨を持つ、謎の仮面の怪人に追われるトミナガとマユ。
一方、プロデューサーのマイクは、島の神殿に祀られている魔人を見つけ。「やはりあった」と歓喜した・・・。
バイオハザード~ヘブンリーアイランド~第7話「モ・リ・オ」

※以下からの内容はネタバレを含みます


スポンサーリンク


内容・ネタバレ

コネッホ街区

港で化け物の魚について村人に聞いて回っていたところ、ある老人に言われたこと・・・。

「かつて多くの悪魔がこの島に渡っている・・・」

その言葉が気になり、村の博物館で、歴史書を手にとるクレア。

この島に渡った悪魔とは一体何なのか?

~歴史書記事~

初めに来たのはアメリカだった。

1930年代にこの島にはアメリカの軍事基地が作られた。
不安な世界情勢のため、ここに基地が必要だったのだ。

基地は今や完全な廃墟となっている・・・。
彼らが悪魔なのか?
クレアはもう少し近い時代の歴史書で調べることにする。

~歴史書記事~

1990年代後半
廃墟となった軍事施設が実業家に買い取られる。
そこに研究施設が作られ、沢山の研究員が渡った。

image

記事の中の、当時の写真を見てクレアの手が止まる・・・。

「こ・・・この男!!」
image

「もしかして・・・!!」

スマホを取り出し何かを調べ始めるクレア。

 

「!?」

 

オズウェル・E・スペンサー
アンブレラ・コーポレーション創始者

陰ながらアンブレラをコントロールしてきたこの男はすでに死亡している。
だがその野望の爪痕はいまだ世界を苦しめている。

(この島がスペンサーの研究施設だったなんて・・・・)

(急いでイネスに知らせないと・・・!!)

クレアはすぐにイネスに電話をかけるがコールは鳴るが電話には出ない。

(メールは届いているのに・・・・)

(あの島で何かが起こっている・・・・!?)

「悪い予感は当たるのよね・・・」

 

一方・・・

ソニドデ・トトーガ島

巨大な錨で真っ二つに割れる木。
木の幹に突き刺さる巨大な銛。
怪人の攻撃が飛んでくるが、間一髪のところをかわしたトミナガ。
唸りながらこちらを見ている怪人。
地面にへたり込むトミナガ。

トミナガ
「うおおっ危ないって!!」

(ジャングルで助かった・・・)

(密集した木々で奴の武器は完全には機能していない)

(何より僕をターゲットにしたことで奴の頭からマユちゃんの存在は消えた)

 

ヴォアアア

 

「そうそういい感じ!!」

 

「こっちだ!!かかってこいモリオ!!」

 

ドッ

 

ドッ

 

ドッ

 

トミナガは逃亡し、それを追いかける怪人。

wpid-imag2564_1.jpg

(後は・・・コイツをうまく誘導して・・・)

再び銛での攻撃をかわしたトミナガは、怪人が体に巻き付けている鎖を掴み、引きつける。

 

(コイツと一緒に・・・)

wpid-imag2563_1.jpg

(ダイブだっ・・・!!!)

 

wpid-imag2562_1.jpg

 


スポンサーリンク


感想

クレアがやっと動き出しそうな感じですね。
イネスとマリルーがピンチっぽいのではやく駆けつけてあげてほしいです。
同じく神殿にマイクとジューリーがいるので、ほとんどのメンバーが合流しそうですね。
もしかしたらここから、トミナガとマユも合流するパターンか!?
しかし、マユちゃんはビキニオンリーなので、そのままならちょっとかわいそう・・・。
島の歴史書では、アンブレラ社の創始者:オズウェル・E・スペンサーが関わっていたようですが、今回のリベレーションズ2こそやってはいませんが、アンブレラ社くらいは知っています。
ほかのシリーズでも出てきたのかもしれませんが、一応、バイオハザード4まではやったことがあります。
本当はバイオシリーズはめっちゃ好きなのですが、プライベートな時間でなかなかゲームをする時間が取れなくて、数年前からバイオもFFも自分の中での時間が止まったままなんですよね(^^;
FFなんて10までですからね・・・。
それはいいとして・・・。
なかなか面白い展開になってきましたが、トミナガVS銛の怪人!
これ面白い!
なんと言っても、他のサバイバルマンガなんかでも見られる、マンガあるある!
少し前まで軟弱な素人だったはずなのに、ピンチになったら急に強くなり、気が付けば結構すごいことを普通にやるようになる!
最初は相手の強さにまったく歯が立たなかったはずなのに、刀で一発で殺したり、丸太で潰したり・・・。
まあそこまでとは言いませんが、今回のトミナガ、やりましたね!
カッコよすぎ!
けど一緒に落ちなければいけなかったのか?
もうちょっとうまくやって相手を投げ飛ばせばよかったのに・・・。
でもまあ、一緒に落ちることに男気を感じるのでいい場面ですね。
そしてマユちゃん!
あなた早く逃げなさいよw
「トミナガさん・・・」
とか心配しなくていいから逃げようよ。
まさか、前に書いたみたいに、どこかのおバカさんのように「待たせたな!」って戻ってきたりはしませんよね?
まああの天然ぶりがかわいいのですがw
ついでにバイオハザード~ヘブンリーアイランド~待望の第1巻が発売されるようなので、まとめて読みたい方は、購入しましょう。
バイオハザード~ヘブンリーアイランド~単行本 第1巻 発売日・表紙公開


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*