メジャー2nd ネタバレ感想 第18話「うそだ!」電波教師に続くお風呂ネタ!?【MAJOR2nd・メジャーセカンド】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メジャー2nd
ネタバレ感想
第18話「うそだ!」

突然退団を知らされた大吾は・・・。


スポンサーリンク

前回までのあらすじ

メジャー2 ネタバレ感想 第17話「笑顔なき再開」

バッセンで寿也の指導を受ける大吾。
そこへ光が現れ、久しぶりの再会!

自分はいいから父親の指導を受けろと光に言う大吾だが、光はそのまま遠慮して帰ってしまう。
次の練習で自分の球を受けてもらうからと言っていたが、週末の練習には光の姿はなかった。

そして、田代から衝撃の事実が告げられる。

光は母親とともに群馬へ引っ越したため、転校、退団となった。

大吾の野球に対する思いはどうなるのでしょうか?
光との再会は高校野球?それともプロになってから?

59fbbc34d1e4660c2e8a94d4ecece214c6ef24631425462237

登場人物

茂野大吾

五郎の息子。
一年足らずで野球をやめたが、ヒカルに誘われてドルフィンズに復帰。

佐藤光

寿也の息子。
大吾の小学校へ転校してきた。
全くの野球初心者だが、高い潜在能力を秘めている。

※以下からの内容はネタバレを含みます。

内容・ネタバレ

光が引越し・・・。
光がドルフィンズをやめる!?

wpid-imag4742_1.jpg

うそだ!!

光が住んでいたマンションでインターホンをオス大吾。
自分の家に入れない子供だと思われ管理人に話しかけられる。

wpid-imag4741_1.jpg

大吾は友達を訪ねてきた、1501号室の佐藤に会いに来たと話す。
しかし、母と息子の二人暮らしのその家は昨日のうちに引っ越してしまったという。

それに、その家の苗字は砂糖ではなくて坂口だと聞かされる。

wpid-imag4739_1.jpg

夜遅く帰宅する大吾。

いずみが風呂上がりに脱衣所でドライヤーをしているところへ大吾が入ってくる。
自分がいるときには入るなと前から言っているはずだといういずみだが、大吾はパンツを脱ぎ始める。

「え・・・ちょ・・・やだ」

wpid-imag4740_1.jpg

「あ・・・ごめん・・・ねえちゃんいたんだ」

そう言ってそのまま浴室に入っていった。

リビングに戻ったいずみは、大吾の様子がおかしいと薫に話す。
光が群馬に転校したことを告げられる。

あの子はアメリカから転校してきたばかりのはず。

薫も詳しい事情は知らないが、光と同じクラスの子のママ友の話では、金曜日にクラスでお別れの挨拶があったのだという。
しかし、大吾は今日の野球の練習で田代に知らされるまでは何も知らなかった。

それはひどい、光の父親が毎日大吾に会っているのになぜ教えないのかといういずみ。

薫は、寿也が数年前に離婚していることを話した。
そのため、寿也も何も知らなかったのではないか。

母親が光を引き取り、父親に毎月会えるように寿也がメジャーリーガーでいる間は共にアメリカで暮らしていた。
そのほうが光にとっての教育のメリットもあったから。

群馬は確か母親の出身地のはず。
もしかしたら実家の近くで暮らすことにしたのではないかと話す。

仕方がないことなのだが、大吾の心配をする薫。

「光くんの存在が大吾の野球熱にものすごく影響与えてくれてたから・・・」

学校

「茂野くん」

佐倉が光のことで話しかけてきた。
同じように佐倉も何も知らず、登校班に光の姿がないから友達に聞いたら金曜日が最後だったと聞かされたという。

「茂野くんには本人から何かあった?」

「ねーよ」
「俺も土曜の練習で知ったし」

少しの間でも仲良くしていたのにそれはあんまりだという佐倉。
大吾にも一言もないのはひどいという。

しかし、大吾は家の事情だから仕方がないという。

「でも、金曜にはわかってたんだし一言ぐらい・・・」

「もういいっつってんだろ!」

wpid-imag4738_1.jpg

「どーでもいーよ、終わった人のことは」
「あいつの話はもうしないでくれる?」

大吾は授業中もずっと考えていた。

どーでもいいさ。
一日も早く忘れてやる。

あいつなんか忘れてやる!!

wpid-imag4737_1.jpg

家で前のようにゲームをしている大吾。

薫が帰宅しバッセンにいかないのかと聞く。
平日は毎日寿也の指導を受けることになっているはずだが。

「電話して断ったよ」
「俺ライトだし」

wpid-imag4736_1.jpg

「キャッチャーなんか目指してももう意味ねーから」

スポンサーリンク

感想

サンデーも売上が伸びないのはわかりますが・・・。
なんだかお色気路線で必死なように見えるのは気のせいですかね・・・(^_^;)

編集部も最後の手段とばかりに話題作りに躍起になってるのでしょうかね。
先週の電波教師が話題となりましたが、このメジャーセカンドも始まってまだわずかですが、やたらといずみ絡みのお色気が多いような気がします。

その他にも、サンデーに掲載される作品をパラパラとめくって見てみると、まーお色気シーンの多いことww
ほとんど、女性の露出の高い描写ばかりww

確かに手が止まる読者も多いでしょうが、少年誌のはずなのになんだか雑誌全体がそっち方向へ行っているような・・・。

それはまあいいとして。
光はいなくなってしまいましたが、その理由が知りたいところ。

光の母親の旧姓は坂口。
そして実家は群馬。

アメリカでは父親に会えるように近くにいた。

そこまではわかるのですが、なぜ今になって転校なのでしょうか。
寿也と会ったことがきっかけなのでしょうか?

もしかしたらそれも違うのかもしれません。
前から気になっていたのは、帰国して寿也の地元に移住したことです。

アメリカでは近くにいて、帰国後も近くにいた。
そこで寿也と光が鉢合わせたら引っ越すってそこは完全におかしいですよね?

母親か光のどちらかが寿也との縁を切りたいのであれば、寿也の地元に住む意味がわかりませんからね。
何か他の理由があったのではないでしょうか。

しかし、誰もが言うように、重要なのは光が大吾に何も言わなかったこと。
それが常識だということくらい光は分かっているはずですし、なんだかんだで友達だったはずなので、何かを言いたかったはず。

二人が再会するのはいつになるのでしょうかね。

大吾は完全にキャッチャーをやる気はなくなっていますが、ひとつだけ救いなのは野球熱は冷めていないこと。
最後に薫と話している時に、寿也との練習はやめてしまいましたが、「俺ライトだし」と言っているので、野球はやめないようです。

ただ、やはり光の期待に応えたいという思いが強かっただけに、キャッチャーへの気持ちは薄れてしまったのでしょう。
そして、寿也が大吾の元を訪れようとしていますが、一体どんな話をするのでしょうか。

家の事情を話すのか?
自分の気持ちを語るのか?

それとも大吾を励ます?
キャッチャーの魅力を伝える?

ここから先の展開はちょっと読めませんね。

強そうな線は、家の事情を話して、もしかしたら光からの伝言を伝えるってこともあるかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*