メジャー2nd ネタバレ感想 第21話「個人レッスン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大会前に睦子がドルフィンズデビュー!!

大吾は弱肩が克服できるとわかり前向きに!!

大会まであと少し!
大吾は活躍できるのか!?

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

メジャー2(セカンド) ネタバレ感想 第20話「10年早いよ」大吾の弱肩克服!?睦子ちゃんが入浴を条件に入団!?

※以下からの内容はネタバレを含みます。

内容・あらすじ

大吾は大会へ向けて寿也の特訓を受ける。

スローイングの練習を終え、バッティング練習へと移る。

そこへ思わぬ訪問者が・・・。

睦子
「おじゃましまーす」

睦子も寿也の練習を受けたいからと申し出た。

寿也はそれを快く受け入れ、睦子からバッティング練習を始める。

フォームを教え、トスバッティングを試すも空振り。
力みすぎだからミートを意識するようにアドバイスを受ける。

二球目。

wpid-imag5175_1.jpg

それから立て続けにきれいにミートさせる睦子。

寿也
「いいねえ、すごいじゃない!」
「とても初心者とは思えないよ」

「じゃあ次、大吾くん」

wpid-imag5176_1.jpg

 

wpid-imag5177_1.jpg

寿也
「オッケー、わかった」

「いいね!」

睦子
「え、いいの?」

大吾
(まさか、最後の打球に天才の片鱗が・・・)

寿也
「いいよ、今以上にひどくなることはない」
「教え甲斐があるよ」

「あとは成長するだけだ、大吾くん」


シャワーを浴びるいずみ。

いずみ
「あっつ・・・窓開けよ」

外では大吾が真剣な表情で素振りをしていた。

お風呂場から窓全開で大吾と目が合う。

wpid-imag5178_1.jpg

いずみ
「バカ、なんでこんな時間まで素振りしてんのよ!!」

大会まで二週間。
寿也の特訓を受ける大吾と睦子。

wpid-imag5179_1.jpg

 

wpid-imag5180_1.jpg

そして大会まであと一週間。

田代は今年はいつもより上を狙えるいい仕上がりだという。

睦子
「いつもより上って何?ベスト8とか?」

卜部
「アホか、ドルフィンズはここんとこずっと一回戦敗退だよ」

卜部とアンディは去年は5年生で頑張ったが、エラーで負けた。
毎年、品だと失策で一回戦を勝てないのだという。

だが、今年はドルフィンズとあまり差のない谷川イーグルスが一回戦の相手。

田代
「とりあえず目標は一回戦突破だ」
「みんな自信を持って頑張ってくれ」

坂口家

光・母
「ちょっと、なーに光!?」
「もういいの?」

光は、大好きなカレーライスを残して部屋に戻る。

何かを思いながらベッドに寝そべる光。

wpid-imag5181_1.jpg

スポンサーリンク

感想

ここ最近は前向きな展開だっただけに、最後の光のシーンは切なくなりました。
母はこの状況をどう感じているのか?

確かに、同じ夢を追いかけるんだと頑張っている大吾。
光の手紙に励まされて前向きになれたのはいいのですが、肝心の光のほうはそうはうまくはいかないようです。

それもそのはず。
転校してただでさえ色んなストレスを抱えているような状況で、手紙ではいつか最強バッテリーを組もうとはいったものの、今現在、自分が何をしたらいいかわからずに悩んでいるんでしょうね。

さらに、本来なら優秀なコーチとして近くにいるはずの父親・寿也もいないとなると、自分ではどうしていいかわからないでしょうね。

前へと進んでいない感覚というのは苦しいもので、光はかなりまいってるでしょう。

ここでタイミングよく大吾から電話するとかがあれば励みにもなるのでしょうが、それはさすがになさそう。

母親は親として息子のことをどこまで理解できているのか疑問です。
転校したこともそうですし、元々の離婚の原因もここまでくると知りたいところ。

次回は大会の話なのか?光の話なのか?

今回の終わり方からして、光のほうに何か新展開がありそうな予感です。

せっかく大吾が前向きになれて、睦子も野球を始めたので、光も早く野球を思いっきりできる環境になればいいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*