「魔女の宅急便」キキとトンボのその後!【原作ネタバレ感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「魔女の宅急便」は、1989年(平成元年)7月29日から東映系で公開された、宮崎駿監督によってジブリアニメ。

ジブリ世代ももう子育てをしている年齢になり、子供と親が同時に楽しめる時代がやってきたといった感じ。
テレビで放送されるたびに親子で楽しんでおられる方も多いのではないでしょうか。

そんな「魔女の宅急便」には続きがあるのはご存知でしょうか?


スポンサーリンク

「魔女の宅急便」は魔女と人間のハーフとして生まれた少女が、母親と同じ魔女の道を選び、独り立ちするために旅立つ。

そして、沢山の人と出会い、様々な出来事を経て笑ったり悩んだりしながら成長していく物語。

主人公のキキは、村のならわしの通り13歳で村を出るのですが、これがまた絶妙な年頃で、楽しいことばかりじゃないという現実に直面して、沢山悩んでしまう年頃です。

色々と悩みが膨らみながらも、映画のラストでは大切な友達を助けるために精一杯頑張る姿を見せます。

ジブリアニメ「魔女の宅急便」のあらすじ

13歳で独り立ちするために町を出た魔女のキキ。
母の忠告をよそに、大きな町に降り立つキキだが、自分の町とは違う人々の冷たさを感じる。

たまたま通りかかったパン屋のオソノさんの手助けをして気に入られ、居候させてもらって「魔女の宅急便」を開業。

人力飛行機作りを目指している少年のトンボと出会うが、馴れ馴れしい態度が気に入らずにそっけない態度をとってしまう。

少しづつキキも心を開いてトンボと打ち解けていくのだが、どうしても素直になれない。

ある日、キキは魔法の力が使えなくなってしまい、空を飛べなくなり、飼い猫のジジとも会話を交わすこともできなくなってしまう。

唯一のとりえとも言える魔法の力、空を飛ぶ能力を失ってしまったことで途方に暮れるキキ。

以前に森の中で出会った画家少女のウルスラと再会したキキ。

二人で過ごすことで少しずつ元気を取り戻していった。

飛行船『自由の冒険号』の航海開始が生中継されていた現場にいたトンボ。

トンボがロープを握ったまま暴風に煽られ、そのまま空へと浮かんでいく飛行船の映像がテレビに映し出された。

お届け物の依頼主の老婦人の家にいたキキは、テレビでその映像を目撃。

キキは無我夢中になって現地へと向かった。

ロープにしがみついたトンボを連れて空を流れる飛行船は、街中へと向かい誰もなすすべがなかった。

飛行船は、街の時計塔へ引っかかり、街の人が見ている前でただ必死にロープにしがみつくしかないトンボ。

現場に着いたキキは、近くにいた掃除夫のデッキブラシを借り、消えてしまった魔法の力を呼び覚まそうと集中。

力を奮い起こしたキキは、デッキブラシにまたがって空へと飛び立った。

しかし、乗り慣れていないデッキブラシがいうことをきかずに思うように飛べない。

キキは必死でトンボに手を伸ばしながら近づくが、なかなか手をつかめない。

そしてついに、トンボの力は限界に達し、ロープから手を離してしまう。

勢いよく街の石畳に落下していくトンボ。

それを追うように急降下していくキキ。

キキがトンボを手を強くつかんで救出に成功。

キキは再び魔法の力を取り戻し、街の人たちともすっかり打ち解けていった。

そして、コリコの街を飛び回る「魔女の宅急便」として。精一杯働いていった。

ジブリアニメ「魔女の宅急便」には続きがある!?

このジブリアニメの「魔女の宅急便」ですが、この映画にはまだ続きがあるのをご存知でしょうか?

実はこの「魔女の宅急便」には原作があります。

原作となったのは、1985年に出版された児童書「魔女の宅急便」で、角野栄子さんという方が執筆された作品です。

角野さんは東京生まれで、大学卒業後に出版社に勤務し、「ルイジンニョ少年ブラジルをたずねて」という作品で作家としてデビュー。

1982年には「大どろぼうブラブラ氏」で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

1984年に「わたしのママはしずかさん」で路傍の石文学賞、「ズボン船長さんの話」で旺文社児童文学賞、「おはいんなさいえりまきに」で産経児童出版文化賞を受賞。

そして、1985年「魔女の宅急便」で野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多くの賞を受賞されました。

それから4年後の1989年にジブリアニメとして公開された「魔女の宅急便」は、実は角野栄子さんが執筆された児童書「魔女の宅急便」の第1巻の前半部分にあたるおはなしです。

角野栄子さん作の児童書「魔女の宅急便」は、1985年に出版された第1巻から、2009年出版の第6巻で完結となり、キキが13歳で親の元を離れて旅立つところから35歳になるまでの物語が収録されています。

つまり、「魔女の宅急便」と言えばもはやジブリアニメのことを指すことになりますが、そのジブリアニメ「魔女の宅急便」のおはなしには続きがあるということになります。

原作「魔女の宅急便」

ジブリ作品の「魔女の宅急便」では、トンボがキキに気さくに話しかけ、キキはそういったところが嫌で避けたり、けどそれでもラストシーンでは必死になってトンボのことを助けたりします。

キキは、色々な人と出会うことで成長していきますが、もちろんそこにはいつもトンボの姿がり、二人の間には恋愛に似たような微妙な関係が見られます。

これは、原作の中で言えばほんの序盤のおはなしで、トンボとキキとの出会いの部分のみです。

キキが本当に大人になるまで、そしてトンボとの恋愛を描いた原作「魔女の宅急便」のストーリーを紹介します。

ジブリアニメ「魔女の宅急便」は、キキがコリコの町へ行くまでの設定は、ほとんど原作の通りですが、町についてからの展開はほとんどジブリオリジナル。

グーチョキパン店やトンボも登場しますが出番は少なく、アニメ中盤のストーリーのほとんどは原作にはない話。

森の中で出会う画家少女・ウルスラも原作に登場しますが、役割が異なるようです。

それら相違点をチェックしながら楽しんで見てください。

あらすじ・ネタバレ

【原作】魔女の宅急便

小さな街に住む魔女のコキリと、民話研究の好きな人間のオキノさん。

その間に生まれた女の子キキ。

彼女もまた母親と同じように魔女だった。

人間と魔女が結婚し、その間に生まれた子供が女の子の場合は10歳を過ぎて、人間として生きるか、魔女として生きるか選択できるならわし。

魔女になるのであれば、母親から魔法を習って、13歳になった満月の夜に家を出る。

そして魔女のいない町を自分の力で探す。

元々自立心のあるしっかりした女の子に育ったキキは、母親の後を継くことに反発したこともあった。

しかし、ほうきで空を飛んだときの気持ちよさが忘れられず、魔女になる道を選んだ。

人類の文明が発達するにつれて、魔法や魔女の文化は徐々に衰退。

その昔、魔女は色々な魔法が使えたが、キキの母・コキリはほうきで空を飛ぶことと、薬草を作ることしかできなかった。

さらにその娘ともなると薬草作りはまったく覚えず。

キキはほうきで空を飛ぶことしかできなかった。

そんなキキも13歳になり、誰も知らない町でのひとり立ちを目指す。

相棒の黒猫・ジジとともに、母の作ってくれた長い黒い服を着て、母が使っていた古びたほうきを持って、旅立った。

母・コキリからは、「大きな町はよしたほうがいい」と忠告されていたものの、海が見たかったキキは途中の町や村を飛び越して、見つけた川に沿って飛んでいった。

海に注ぎ込む大川を挟んで左右に広がる大きな「コリコの町」を見つけた。

キキは石畳の綺麗なコリコの町に降り立つが、魔女を見たことのない街の人たちからは少し冷たい視線を感じる。

キキは母から言われた通り笑顔を絶やさず「おじゃまさせていただきます」と声を掛けた。

しかし、人々の対応は冷たく

「めんどうはごめんですよ」

などと口にして去っていく。

「魔女ってね、時計にさす油みたいなものよ」
「いてくれると町がいきいきするわ」

と言って、旅立ちの時もみんなで見送ってくれた自分の生まれ育った町とは違った。

黒猫のジジは

「ちぇっ、魔女も弱くなったもんだよ」
「むかしだったらさ、こんな町なんて、ただじゃおかないんだけど」
「あの塔を持って、この町ごとどこかの山のてっぺんにでも乗せちゃうんだけどなあ」

と言ってキキを励まそうとした。

町をただフラフラと歩き、キキは狭い通りに入り、閉店前のパン屋の前を通った。

「あれっ、まあ、あのおくさんたち、たいへんなものをわすれて」
「ちょっとあんた、とどけてあげてよ」

と女性の声が聞こえた。

事情を知ったキキは

「あたしでよかったら、かわりにおとどけしましょうか」

と声を掛ける。

これをきっかけに、グーチョキパン店のおソノさんに気に入られ、パン屋の2階に居候。

店の隣の粉置き場で、お届け屋の『魔女の宅急便』を開業する。

このお届け屋を通して、色々な人と出会い、色々な経験をしていくキキは、ただ物を運ぶだけではなく、物に託された思いも同時に運んでいることを実感していく。

【原作】魔女の宅急便2「キキと新しい魔法」

キキがお届け屋を開業してから2年目に入った頃。

相変わらず忙しく飛びまわっている中、女の子・モリとその弟・ヤアに出会う。

しっぽをライオンに噛みちぎられて、中心点行方不明病という奇病にかかったカバのマルコを運んだり。

不思議なかばんや森の窓、木の歌声や、重い病気にかかったおじいさんがかつて毎日通っていた散歩という目に見えないものまで運ぶようになった。

そんな時、一通の黒い封筒を届けることになる。

そしてキキは、もしかしたら運んでいるのは人々の優しい気持ちだけではないのかもしれない。

知らないうちに悪意も運んでいるのかもしれないと悩み始める。

そう思い始めた矢先、キキが中心店行方不明病にかかってしまう。

キキはもっと自分の世界を広げたいと思いはじめるようになり、母・コキリに「くしゃみの薬」の作り方を教わる。

そしてキキは「魔女の宅急便」の看板の隣に「くしゃみのお薬、おわけ致します」という看板を出した。

【原作】魔女の宅急便3「キキともうひとりの魔女」

キキが街に来て4年目の春。

16歳になったキキは、お届けもの屋、くしゃみの薬も街の人々に馴染んでいた。

そんなある日、パン屋さんに黒い服の不思議な少女・ケケがやってくる。

12歳の少女ケケは、キキのいる部屋に転がり込んでくるのだが、それからキキの暮らしは一変。

不思議な力と天真爛漫な性格を持つケケは、キキの行く先に現れては怪しい行動を見せる。

ケケは自分を魔女だといって、魔女のしるしや昔からのしきたりについて問い詰めてくる。

次第に不安になるキキ。

ケケは、キキの暮らしの中で天真爛漫に動き、ジジやおソノさん、トンボたちとも親しくなり、関わったみんなが変になっていくように思える。

そして、「おわりのとびら」という謎めいた本を預かることになるのだが・・・。

【原作】魔女の宅急便4「キキの恋」

17歳になったキキ。

トンボはナルナの町の学校で、昆虫や生物、自然についての勉強に励んでいた。

夏になり、夏休みを迎えたトンボがコリコの街に帰ってくるのを楽しみに待っていたキキ。

だが、トンボからキキのもとへ一通の手紙が届く。

それは、夏休みの間、「雨傘山」で山のことについてを調べたいという内容だった。

トンボが帰ってくることを楽しみにしていたキキは、会えないことを知って落胆。

一方、キキの同年代のモリは、将来の夢を掴むために、隣町のレストランへ一ヶ月間住み込みで料理の修行に行きたいと話す。

8歳になった弟のヤアをキキに預かってほしいと頼まれ、キキはヤアと夏を過ごすことになった。

ヤアは、オソノさんの子・オレ、ノノと仲良くなり、毎日のように楽しく遊んでいた。

トンボに会えずに落ち込み、仕事ではトラブルがあり何かと落ち着かないキキ。

そんなある日、キキはお祭りで出会った同年代の友達の集まりに誘われる。

しかし、お届けもの屋さんの仕事が入り、街から遠く離れたところへ向かう。

暗い森の中、お届け先のザザにゆっくりしていって欲しいと言われる。

そして、キキのほうきがなくなってしまう・・・。

【原作】魔女の宅急便その5「魔法の止まり木」

19歳になったキキ。

十代も終わろうとしているのに、何か物足りない毎日。

二十代に繋がる何かの予感みたいなものがないかと思いながら日々を過ごしていた。

トンボからの手紙を楽しみにしているキキだが、書いてあるのは昆虫の話ばかり。

昆虫に夢中になっているトンボは、手紙の内容はもちろん、コリコの街にもほとんど帰ってこない。

会えない日々が続き、キキにも不満が募っていく。

新婦のためのベールを届けたり、町長に恋するウイさんのプレゼントを届けたり。

次第にキキもトンボとの将来のことも考え始める。

そんな中、ずっと相棒として自分のそばにいると思っていた黒猫のジジも白猫と恋仲になる。

徐々にひとりで届け物に出かけることが増えていき、初めての経験にキキの不安な気持ちが膨らんでいく。

キキは、自分の不安な気持ちの正体もわからず、余計に苛立ってしまい、時折ジジにも八つ当たりをしてしまう。

そんなある日、ジジの様子がおかしいことに気が付く。

いつものように二人で話していた言葉が通じない。

ジジはただひたすら普通の猫のように「にゃごにゃご」というばかり。

「ぼくにゃあ、おとなの猫言葉を勉強するんにゃあ」

と話しているジジの言葉が変わってしまったキッカケは「恋」。

ジジの中では、キキとはまた違った情熱的な恋愛が始まっていた。

生まれた時からずっと一緒にいるキキとジジが交わしていた魔女猫言葉も、キキの空を飛ぶ魔法もおかしくなっていく。

魔法が完全に消えてしまうわけではなく、フワフワとしている気持ちと同じように、魔法もフワフワとしたものになっていた。

もうすぐ二十歳になるキキの心はゆれ動き、芸術家との出会いでさらに心が乱れていく。

【原作】魔女の宅急便6「それぞれの旅立ち」

キキとトンボが結婚してから13年。

二人の間には、男の子のトト、女の子のニニという双子の子どもが生まれた。

キキはお届けもの屋の仕事を続け、トンボは昆虫に興味津々の先生になっていた。

11歳になるトトとニニだが、双子なのに二人の性格は正反対。

活発な女の子のニニは、魔女になるかどうかを決めなければならない年頃なのに魔法にはあまり関心がない。

なかなか決意を固めないことに不安になるキキ。

一方、物静かなトトは、魔女や魔法に強く興味があり、くすりぐさの世話などにも積極的に動いてくれるが、いくら魔女の子であっても、男子は魔女にはなれないもの。

ある時、あのケケから一通の手紙が届く。

あの頃のキキのように、トトとニニは、コリコの街で様々な人と出会い、成長していく。

魔女に興味がない女の子二二と、男だからという理由でなれないことを不満に感じるトト。

二人は13歳になり、旅立ちの時を迎える。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしたか?

「魔女の宅急便」のその後のおはなし、原作のあらすじの紹介は以上です。

どれも難しい年頃のおはなしで、特に女性の心の揺れを表現した作品ですので、なんとも言えない心の寂しさや自分への苛立ちみたいなものが多く登場しますね。

「難しい年頃」なんて言葉の使い回しがありますが、こうして人生を客観的に眺めて見ると、人には「難しい年頃」どころか、「簡単な年頃」なんてものはないんでしょう。

いくつになってもその時にはその時の悩みがあって、生きている以上は尽きないもの。

その悩みと同時に心の中にはいつも不安がつきまとうもの。

それが人間なのかもしれません。

一人でいると、不安な気持ちでいっぱいになって、いてもたってもいられなくなる。

それを埋めてくれるパートナーとの素敵な出会いがあり、手を取り合って生きていく。

人間はやはりそうした生き方をするものなのでしょう。

この「魔女の宅急便」は、キキが13歳の頃から、キキの子が13歳になって旅立つところまでが描かれて完結とされていますが、こうしたことの繰り返しなんだという作風にも受け取れますね。

キキ目線でみれば、あの時に自分を送り出してくれた母の気持ちがやっとわかったでしょう。

そして、旅立つ二二とトトは、あの時のキキと同じように明るい未来を見据えて目を輝かせている。

そして、色々なことを学んでいくわけですね。

ジブリアニメ「魔女の宅急便」では、13歳のキキを描き、特に恋愛に関して自分に素直になれない気持ちを表現されています。

これは、わりと近い年代の方には共感できる部分も多いでしょう。

ただ、キキとトンボの場合は、ラストシーンのようにどうしても動かなければならない出来事が起きたことをキッカケに吹っ切れますが、現実の世界ではこううまく物事が進むこともなく、素直になれないまま気持ちを押し殺してしまうことがほとんど。

しかし、だからこそ、このキキの行動に勇気づけられて、素直になる一歩を踏み出してほしいものです。

ジブリアニメはいくつになってもそれぞれの目線から見れるところが魅力ですが、原作の「魔女の宅急便」も年代ごとに話が展開されているので、自分の年齢に合わせて読み進めていくというのも面白いかもしれません。

「魔女の宅急便」キキとトンボのその後は、結婚して子供達がまた旅立つという展開でした。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*