FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 単行本 第51巻 【発売日・内容】 公式スピンオフ作品も同時発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)
原作:真島ヒロ

単行本・コミックス
51巻

発売日・価格
その他お得情報!

スピンオフ作品も同時発売!


スポンサーリンク

発売日・価格

「FAIRY TAIL」(フェアリーテイル)第51巻

発売日:2015年9月17日(木)
定価:419円(税別)
※限定版 定価:980円(税別)

 

 

内容

物語は大きな収束に向けて加速。

ギルドマスター・マカロフが解散を宣言した「妖精の尻尾」(フェアリーテイル)を復活させるために散り散りになったメンバーのもとを訪れているナツ、ハッピー、ルーシィ。

三人はウェンディを加えてジュビアと再開する。

黒魔術教団(アヴァタール)に潜入しているグレイとも合流し、残酷な「浄化作戦」を目論む教団の壊滅に挑む!!

限定版は豪華な「キラシールセット」付き!

最新巻は2巻連続で限定版も制作。
第50巻限定版のために真島ヒロ先生が描き下ろした50キャラのイラストにさらに4キャラの描き下ろしを加えたキラキラ加工シール。

さらに第51巻のカバーイラストをデカステッカーにして同封!!

これはファンならぜひともほしい一冊!!

公式スピンオフ作品も同時発売!

9月17日(木)は、フェアリーテイルの51巻と同時に公式スピンオフ作品3作も同時発売され、ファンにとっても待望の一日となりそうだ。

FAIRY TAIL~ブルー・ミストラル~

原作:真島ヒロ
漫画:渡辺留衣

「FAIRY TAIL~ブルーミストラル~第」3巻
発売日:2015年9月17日(木)

「なかよし」で連載中のウェンディとシャルルの知られざる冒険物語。

ICE TRAIL~氷の軌跡~

原作:真島ヒロ
漫画:白土悠介
発売日:2015年9月17日(木)

「ICE TRAIL~氷の軌跡~」上下巻

ウルと別れたグレイに旅。
たどり着く先は「妖精の尻尾」(フェアリーテイル)!?

上下巻ともに同時発売!

月刊FAIRY TAIL(フェアリーテイル)コレクション

発売日:2015年9月17日(木)

「月刊FAIRY TAIL(フェアリーテイル)コレクション」vol.1

テレビアニメのDVDとグッズが合体したコレクションの第一弾がスタート!

スポンサーリンク

新人賞受賞作品「MAGICIAN」を期間限定公開!

今では大人気漫画となった「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」を手がける真島ヒロせんせいも、最初は新人だった。
週刊少年マガジンの特別企画の第一弾として、その新人賞作品を振り返って自己採点をされている。

新人賞入選作品「MAGICIAN」

部員が少なく廃部の危機に貧している魔術部。
部長の葵は犬であるプルーを入部させるという暴挙に出るが、そこにプルーを追う謎の集団「N・Hカンパニー」が現れる。

真島先生はこの作品を振り返り、自己採点は20点と厳しめの評価。
今この作品を直せるとしたらどこか?という質問に対し、主人公がトランプを投げてラスボスを倒す見開き絵だと答えている。

この作品の一番の見せ場のはずなのだが、ひとことで「ダサすぎる」とのこと。
画力不足もあるが、どういった状況なのかがわかりにくいことが致命的なポイントだという。

また、ストーリーのほうでも伏線の張り方が甘かったとも言われている。

逆に、評価されたポイントはどこかと聞かれ、荒削りで細かいところは気になるものの、新人の持っている「若さ」「勢い」といったものと、当時はマガジンになかったバトルファンタジーを根付かせるための意気込みではないかと振り返っている。

当時の編集長に、プルーのかわいさを褒められたという。

この真島ヒロ先生の新人賞受賞作品「MASICIAN」がマガメガで読めます!
気になる方は要チェック!

マガメガMAGAMEGA

期間限定公開なのでお早めに!

プルーの誕生は真島先生が中学生の時!?

プルーはFAIRY TAIL(フェアリーテイル)に登場するキャラクター。
全身真っ白で黄色い角。

丸い顔と肉球の付いた手がかわいらしい。
尻尾の生えた犬のような体を持った姿が特徴で、鳴き声は「プーン」。

飴が大好き。
空腹時や、入浴時には角や体がしおれる。

常に小刻みに震えている。

触った時の触感のイメージはぬいぐるみに近い感じらしい。

 

 

この「プルー」のモデルになったのは、小学生の時に落書きで描いていたキャラクターが元で、「しゃぶ太郎」と名付けていた。
真島先生自身も、何をきっかけで描いたのかまでは覚えていない様子。

新人賞受賞作品「MAGICIAN」(マジシャン)だけでなく、その後も様々な作品に登場している。

「革命機ヴァルヴレイヴ」

「RAVE」

レイヴの使いとして登場。
鼻はレイヴ以外では唯一ダークブリングを破壊できる。
負傷者に乗っかって震えることで外相の悪化を防ぐ能力もある。

「プルーの犬日記」

もちろん主人公として登場。
リンゴ村を舞台にユニークな村人たちとの暮らしを描いた作品。

「FAIRY TAIL」

星霊魔道士の呼び出す星霊の1体として登場。
正式名称は『小犬座のニコラ』
「プルー」の名は契約者ルーシィにつけられた。
レイヴに登場するプルーのような特殊能力はない為、戦闘に加わることは少ない。

「MAGICIAN」

当時はまだ4足歩行で犬っぽさが残っていた。
不死身の肉体を与えられた犬の進化生物ということになっている。
鼻を引っ張るとしおれる。

「BAD BOYS SONG」

落書きにプルーの姿が見られる。

「MONSTER SOUL」

モブとして1コマだけ出演。

これらの他にも「プルー奪還大作戦」「GetBackers~奪還屋~」「SAMURAI DEEPER KYO」「哲也-雀聖と呼ばれた男」などにも登場。

子供の頃から描いていたキャラクターへの愛情が伺えると同時に、プルーは新人として意気込んでいた当時の真島ヒロ作品の原点を象徴したキャラクターとも言える。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*