弱虫ペダル ネタバレ 感想 RIDE.355 「二日目の朝」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

弱虫ペダル RIDE.355
「二日目の朝」

箱根の直線鬼、新開隼人の弟。
才気溢れる一年生クライマー新開悠人が登場!!


スポンサーリンク

前回までのあらすじ

御堂筋が!?弱虫ペダル RIDE.354 「京都伏見の焦燥」

※以下からの内容はネタバレを含みます

内容・ネタバレ

ついに始まる、インターハイ二日目!

弱虫ペダル二日目総北

 

箱学・真波は坂道・母からもらった帽子を気に入ってかぶり、「欲しがってもあげないよ」?チームメイトに自慢していた。

しかし「ダサい」「大幅アウト」「箱学としてダサいから外せ」と散々な言われよう。

弱虫ペダル悠人と葦木場

「コントはそれくらいにしとけ」

どうでもいいことで騒いでいるチームメイトの元に、黒田が加わったことで、一気に箱学の雰囲気が変わった。

弱虫ペダル二日目箱学

今チームを引っ張っているのは間違いなく黒田。
彼の存在が、全員をまとめ、勝利へと導いたと言える。

そして二日目も、気合を入れて望む。

これぞ箱学、王者の風格!

弱虫ペダル二日目箱学
と言わんばかりに、会場のギャラリーそして参加するチームの全てを飲み込んで、選手にプレッシャーを与え、インターハイの初日で勝利し、二日目に全てのカラーゼッケンをつけて走る箱学は、圧倒的存在となっていた。

当然、総北メンバーもそれを感じとっていたが、より一層気合が入っていた。
そして小野田は、「今日も走ろう!全力で」と明るい笑顔で言った。

その時、小野田の持っていたカバンの中身が全てひっくり返ってしまい、チームメイトに荷物が見られてしまう。
本人は必要だと言うが、マンガやアニメのCDとレースとは直接関係ないものばかり。

その気の抜けた小野田の独特の雰囲気を、遠くから見つめる者がいた。

(あれが『山王』)
(昨年のインターハイで初出場、初レースで最後の山を制した男)

(ついたアダ名は『山王』)

(『王』ににつかわしくないビジュアル)
(バイクに載っていない時みせる全く無警戒な表情)
(『山王』噂を聞きつけて会いに行ったそのことごとくが気付かなかったって逸話)

「本当みたいですね」

そう言って、落ちた荷物を拾っている坂道に近づく。

新開悠人!

弱虫ペダル悠人と坂道

「俺の兄貴、新開隼人」

坂道は去年に4番をつけて走った兄・隼人のことは覚えていた。

悠人
「オレ、みんなには内緒ですけど・・・」

「あなたと勝負してみたくてこのインターハイ出てます」

「今日どこか予定空いてます?」
「しましょう勝負」

突然の宣戦布告にあたふたする坂道。

「さあ!!答えはYESですか?」

弱虫ペダル新開悠人

スポンサーリンク

感想

新開隼人さんは知らないのですが、どんな方だったのでしょうか。
そして弟の悠人くん!
さすがはずっと見ていた存在だけあって貪欲ですね。

兄弟ってのは大体と下の子が伸びてしまうという現実はこういったところからなんだと思います。
いつも兄の背中を見て育ち、兄に勝とうとする。

だからいつも見ている基準は兄のレベル。
そうしているうちに、気づけば兄を通り越してしまうんですよね。

ほんとに大胆な挑戦ですが、坂道はこれをどう受けるのでしょうか。
勝負を受けてっ立つのか、それとも上手にかわすのか?

坂道はあまりそういったことは得意そうには見えないですけどねえ。

しかも勝負するって、「予定あいてます?」って聞くってことはレース以外でってことなんでしょうが、そんなところをチームメイトに見られでもしたら、どちらも確実の怒られますけどねえ(^_^;)
もしかしてインターハイ二日目が始まる前にその話があるとか?

にしても「カチャ」「ズキュン」って・・・。
今時なかなかやらないですけどねえ・・・。

昭和の頃のトレンディドラマでありそうな感じで、もう20年くらい前の演出ですよ・・・。
しかもそこでわかっていないのが坂道。

そこは鳴子なら間違いなく「うわ!」っと打たれたフリして倒れてくれると思うんですが。

そういえば、今週のサンデー28号は、弱虫ペダルの総集編劇場版「Re:ROAD」の公開記念号となっていて、巻頭カラーの高速回転通信ページにシールがついていました!

各キャラクターの名言シールでこれがどうやら貼って剥がせるシールらしいです!
貼って剥がせるってどんなのでしょうか・・・。
あまりそのようなシールに出会ったことがないので想像つきませんが、暇なときに試してみます。

気になる劇場公開情報ですが、弱虫ペダル劇場版「Re:ROAD」は6月12日(金)から二週間限定公開となっているので、都合の合う方は見逃さないようにしたいですね!

劇場来場者特典として、インハイ缶バッジがもらえるみたいです。
12日~と19日からの一週間ずつでメンバーが違い、選ぶことはできないようですが、数量限定でなくなり次第終了とのことなので、見に行くにしても早めにいたほうがいいかもしれないですね。

さらに!
7月2日~20日にPARCO全店にて、夏の一大セール「グランバザール」でコラボイベントが開催され、書き下ろしの限定商品が販売される「弱虫ペダルスペシャルショップ」が限定オープン!
※宇都宮店は6月27日、名古屋・広島・静岡店は7月1日、福岡店は7月3日から開催
8月28日には渡辺航先生の書き下ろしオリジナルストーリーの劇場版が公開!
イオンでは、6月17日より、ポカリスエット500ML、ポカリスエットイオンウォーター500MLを合わせて4本以上買うと「弱虫ペダルペットボトルホルダー」がもらえるキャンペーンを開催。
※数量限定でなくなり次第終了。

と何かとイベント目白押しの弱虫ペダル。
熱い夏になりそうです!

誤った情報を掲載しているかもしれませんので詳細は公式ホームページで確認してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*