アニメ「文豪ストレイドッグス」ってどんなお話?【あらすじ・CV・キャスト・ネタバレ注意】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アニメ「文豪ストレイドッグス」とはどんなお話か?

試されるのは、その生きる価値。


スポンサーリンク

架空都市「ヨコハマ」。

文豪の名を懐く特殊な能力を持った若者たちが繰り広げる文豪異能力バトル!

ある孤児院を追い出されてしまった中島敦。
餓死寸前のところを風変りな者たちに助けられる。

彼らは、国や警察さえも踏み込むことのできない事件を解決する「武装探偵社」と呼ばれる集団。

「人喰い虎」の討伐へ同行させられる敦。

そして・・・。

キャスト・スタッフ・CV

※キャラクター/声優

中島敦/上村祐翔

太宰治/宮野真守

国木田独歩/細谷佳正

江戸川乱歩/神谷浩史

谷崎潤一郎/豊永利行

宮沢賢治/華蔵洸幸

与謝野晶子/島村侑

谷崎ナオミ/小見川千明

福沢諭吉/小山力也

芥川龍之介/小野賢章

監督:五十嵐卓哉
原作:朝霧カフカ
アニメーション制作:ボンズ
キャラクターデザイン:新井伸浩
音楽:岩崎琢
総作画監督:新井伸浩・菅野宏紀

主なあらすじ

第1話「人生万事塞翁が虎」

孤児院を追い出されてしまった中島敦。

ヨコハマの待ちを彷徨い、うまかった茶漬けを思い出しながら、餓死寸前で河原に倒れる。

これからどうやって生きていくのか・・・。

追い詰められた敦は、盗みを働こうとするが、河を流れる奇妙な男と遭遇する。

自殺マニアだというその男の名は「太宰治」。

彼はヨコハマの街の陰で活躍する異能力集団「武装探偵社」の社員だった。

第2話「或る爆弾」

「武装探偵社」に入社することになった敦。

しかし、自らの異能をコントロールできないことに引け目を感じていた。

そんな姿を見た太宰は、それでもできることはあると敦を連れ出す。

ちょうどその時、国木田からある知らせが・・・。

第3話「ヨコハマギャングスタアパラダヰス」

ゲリラ的に行われた入社試験に合格した敦は「武装探偵社」の一員となった。

太宰の前職についての話題になるが、誰も真実を当てることはできなかった。

そしてまた新たな仕事の依頼が舞い込む。

第4話「運命論者の悲み」

芥川に遭遇してしまった敦だが、間一髪で太宰に助けられる。

だが、それも自分のせいで仲間が犠牲になってしまったと探偵社を去ろうとする。

第5話「Murder on D Street」

ポートマフィアの武闘派「黒蜥蜴」からの襲撃を返り撃ちにした武装探偵社。

敦は乱歩の仕事に同行することを命じられたが、電車の乗り方も知らない世間知らずの乱歩の世話役だった。

そして、乱歩の異能が発揮されるのだが・・・。

第6話「蒼の使徒」

ヨコハマで旅行客の連続失踪事件が発生する。

非合法のハッカーである田口六蔵に情報元を探るように依頼。

出てきたのは「蒼の使徒」とう謎の言葉だった・・・。

第7話「理想という病を愛す」

「蒼の使徒」から大規模な市街地爆破の予告が送られてくる。

太宰が廃病院から救出した佐々城信子は「蒼の王」という言葉を発するが・・・。

第8話「人を殺して死ねよとて」

探偵社では、太宰が突然行方不明になるが、いつものことだと放置。

一方、敦は与謝野の買い物に付き合わされていた。

帰りの列車で謎のアナウンスが流れ、乗客たちは恐怖のどん底に落とされる。

第9話「うつくしき人は寂として石像の如く」

異能を持った少女・鏡花は、その異能力を自ら制御することはできず、何者かに利用されて大量暗殺者に仕立て上げられていた。

黒幕の存在を明かすと同時に、彼女の生い立ちを聞いて敦は同情してしまう。

国木田は「彼女が背負う全てを引き受ける覚悟があるのか」と敦に問う・・・。

第10話「羅生門と虎」

監獄に捕らわれている太宰の前に現れたのは、元相棒の中原中也。

中也はあの太宰が簡単に捕まったことに疑いをかけていた。

太宰の狙いは敦に多額の懸賞金を掛けた依頼主の正体を探るため。

しかし、敦もポートマフィアに捕らわれていた・・・。

第11話「『彼女には向かない職業』其のニ『有頂天探偵社』」

致命傷を負って意識不明となった芥川。

敦の誘拐に失敗し、組織の残党が復讐に動き出す。

芥川を守れるのは樋口だけだった。

一方、敦は宮沢賢治の担当する現場へと同行。

第12話「たえまなく過去へ押し戻されながら」

敦に巨額の懸賞金をかけていた黒幕は「ギルド」と呼ばれる北米異能力集団のリーダーだった。

フランシスはは武装探偵社を訪れ、お詫びの商談と称して「異能力開業許可証」の買収を持ち掛ける。

だが、社長の福沢はこれを一蹴する。

スポンサーリンク

まとめ

人気アニメ「文豪ストレイドッグス」は、文豪をモチーフにしたキャラクターが異能力を持って繰り広げるバトルアニメ。

キャラクター設定が非常に面白く、それにちなんだ異能が最も面白いところです。

若干中二的要素が強いですが、ストーリーも普通に面白い作品なので見る価値ありです!

アニメにとって重要な作画のほうですが、驚くほどに綺麗に仕上げられて、圧倒的世界観に引き込まれます。

注目すべきは第10話「羅生門と虎」です!

敦と芥川が最初に全面対決をするところなので、漫画版のほうでも興奮するところですが、アニメでは前半で太宰と中也、後半で敦と芥川というとても熱い場面です。

一部のファンには神回とも呼ばれるほど。

私個人としてはとにかく作画のクオリティが半端じゃないなと思います。

あまり詳しくはありませんが、声優陣も非常に豪華なメンバーなようで、コアな声優ファンにはたまらない作品のようです。

今後もますます熱くなっていく異能力バトルにハマってみるのもいいですよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*