アニメ「四月は君の嘘」第一期のオープニング・エンディング曲を歌っているのは誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2014年から2015年にかけて放送された、アニメ「四月は君の嘘」。
泣けるアニメとして話題になった作品。

作品のストーリーはもちろん、アニメの完成度も非常に高く、春色の描写とともに流れるオープニング曲も素敵でした。

スポンサーリンク

「四月は君の嘘」ってどんな作品?

原作漫画版は2015年2月6日発売の『月刊少年マガジン』2015年3月号にて完結。
単行本も全11巻が発売され、すでに完結している。

11歳の時、母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった有馬公生。
ピアノに向き合うことをやめてしまった彼には、全ての景色がモノトーンに見えていた。

ある日、友人のことを好きな女の子、ヴァイオリニストの宮園かをりと出会う。

暴力上等、唯我独尊な彼女との出会いが公生の運命を大きく変え、彼の人生は再びカラフルに色づきはじめる・・・。

アニメ主題歌を歌っているのは誰?

本作品は、音楽を中心とした青春ドラマを描いているため、原作漫画版よりもアニメのほうが評価が圧倒的に高い。

作画の完成度も高いが、なんといっても表現の凄みを感じるのが音楽。
作中で使用されるクラシック曲の挿入歌はもちろん、オープニング・エンディング曲にも注目が集まっている。

アニメは全22話で完結となり、1~11話を第一期、12~22話を第二期とされ、それぞれ曲が変わってオープニング・エンディング曲は全部で4曲となっている。

オープニングテーマ

「光るなら」(第1話 – 第11話)

作詞・作曲・編曲・歌:Goose house

オープニングの映像も、カラフルに色づく世界が表現され、さらにここにGoose houseさんの「光るなら」が流れることでかなりグッときますね。

青春の輝いている世界を思いっきり表現できています。

これから楽しいことが始まる!

春が来る!

カラフルな世界に取り込まれていく最高のオープニングだといえます。

先に原作漫画版のほうで結末を知っていると、このオープニングを見ただけですでに泣きそうになりますね。

この曲は、作中でもちょいちょい流れるので耳に残りますね。
確か第1話で早速流れてた記憶があります。

特に違和感のある曲でもなく、癖のある曲でもないので普通にいい歌ですから頭に焼き付きます。

歌っているのはGoose house(グース ハウス)という、日本人の音楽ユニット。

彼らは音楽活動をグループで行っているわけではなく、それぞれが異なるミュージシャン同士がシェアハウスとして集まって結成されている。

視聴者の感想

・作品もオープニングも最高!
・全話を見終わってからもう一回聞いたら、泣けます。
・かをりも公生と出会って世界が変わったとも受け取れ、両者のどちらの視点からも見れるこの曲は本当に素晴らしい。

エンディングテーマ

「キラメキ」
作詞・作曲:橋口洋平
編曲:wacci & Ikoman
歌:wacci

こちらもオープニングに負けず劣らずのいい曲で、世界観に非常にマッチした曲です。

本編の流れもうまく作られているので、とてもいいタイミングでエンディングへと突入して、思わずゾクっとする時がありますね。

作品の面白さと作画のすばらしさ、そこへさらにエンディング曲が加わることで、最高の映像が楽しめます。

歌っているバンドwacciは「泣きっ面にワッチ」というキャッチフレーズで、聞く人全ての「暮らし」の中にそっと入り込んでいけるようなPopsを作ることを目標として結成されたバンド。

スポンサーリンク

まとめ

春色に輝く最高の青春アニメ「四月は君の嘘」。

その映像美とともに世界を作り出していく第一期(1~11話)の主題歌と歌っているアーティストは以下

・オープニングテーマ

「光るなら」/Goose house

・エンディングテーマ

「キラメキ」/wacci

の二曲。

第1話からとても印象深く、素敵な世界へと引き込んでいく主題歌は要チェックです!

この曲を聴きながら漫画を読んでみるというのもなかなか面白いかもしれませんよ。

全ての結末を知っている方は、曲を聴いただけで泣いてしまうこと必至です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*