だがしかし ネタバレ感想 43かし 「まけんグミ」 じゃんけんグミの意外な使い方!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

だがしかし

ネタバレ感想
43かし

だがしbanner

内容・あらすじ

じゃんけんの形を模したグミの遊び方がわからないというほたるはココノツとトウとサヤで緊急会議を開く。

パッケージでじゃんけんをするものだと思いきや、中身のグミとパッケージの絵がリンクしていないことが判明。

どうやって遊ぶものかと悩む中で、トウが手のひらの形と星の形のグミを見てある使い方を思いつく。

早速その使い方を披露するトウだが、最終的にはサヤに殴られることになった・・・。

スポンサーリンク

感想

これはさすがに殴られるのは当たり前の出来事ですが、恐らくここまではうまくはいかないでしょうね。

良い子のみんなは真似したらダメですよ~!

殴られるだけならまだしも、それでは済まずに学級会を開かれたり下手するとPTAにまで話が上がってしまうかもしれないからね~ww

というか、この方法を漫画にしたことで、世の中の女子たちは立たされた時点で警戒しちゃうかもしれませんねw

そう考えると、もしかしたらコトヤマさんは「こんなことしたらダメですよ」という意味で駄菓子を通して伝えたのかもしれません。

トウくんは容赦なく実践したので拳が飛んできちゃいましたが、もしかしたら「まけんグミ」とは「負けんグミ」ではなく、「魔拳グミ」なのかもしれない・・・。

「まけんぐみ」

やっぱりありますね、まけんグミ。

ほたるが持っていた商品と同じように、パッケージにはひとつのキャラクターのみが大きく描かれているもののようです。

けど、結局この中身が何かはわからないということで、トウのような遊び方をしなくて、パッケージを「せーの」で開封してじゃんけんするという遊び方でいいように思いますが。

ちなみに上のはサイダー味ですが、コーラ味やグレープ味なども販売されていて、それらのパッケージには特に大きく描かれるものはなく、純粋にランダムに登場するグミでじゃんけんするという方向性で作られたものだと思われます。

まけんグミ グレープ 100付【駄菓子】

まけんグミ グレープ 100付【駄菓子】
価格:918円(税込、送料別)

ただ、どちらでも結局はルールは変わらないのですが、私の個人的な意見としては、パッケージが「パー」でそれ意外が出るかも出ないかもしれないという要素があるほうが、なんとなく二倍の楽しみがあるようにも思います。

さらに、ただじゃんけんするだけでは面白くはないので、負けたほうは勝ったほうのグミでペシってやられるみたいなのもいいんじゃないでしょうか。

やわらかいものなので怪我することはないですし、そこまで汚いものでもないのでいいかも。

けど、昔の方が見れば「食べ物で遊ぶな!」って怒られるかもしれないですが・・・(^^;

どちらにしろ、これはこれでシンプルながらも奥が深い商品かもしれません。

ほたるちゃんが悩むのも理解できるかも。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*