「山田くんと7人の魔女」 単行本 第19巻 【発売日・内容・登場人物】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「山田くんと7人の魔女」
第19巻

単行本・コミックス

発売日・内容・登場人物


スポンサーリンク

発売日

原作:吉河美希
発売日:2015年9月17日(木)

表紙を飾るのはかっこよくキメている潮くん。
彼が表紙として描かれるのは初!

生徒会選挙編がさらにヒートアップ!!

前巻18巻のあらすじと限定版特典

謎多き新魔女・三浦悠理の素性を探るため、彼が特別扱いする姫川そらと接触を図る山田。
しかし、初対面のはずの姫川に妙な親近感を覚える。

限定版としてドラマCD付で発売。
CDに収録されているのは豪華キャストの長編1本、短編2本、キャラソンの充実した内容。

今回の19巻には特に特典はないようです。

登場人物

山田竜(やまだりゅう)

山田

朱雀高2年。
キスした魔女の能力をコピーできる「コピーの男」。
ナンシーによって消された記憶を、魔女の儀式によって取り戻すことを決意。

白石うらら(しらいしうらら)

白石

朱雀高2年。
超常現象部部長。
元「入れ替わりの魔女」で山田の彼女。
一条政宗の「扇動の能力」をかけられたが、現在は解除されている。

宮村虎之介(みやむらとらのすけ)

宮村

朱雀高2年で生徒会長。
将棋部の目論見のよってリコールが成立したが、次期選挙には立候補しなかった。

玉木真一(たまきしんいち)

玉木

朱雀高2年で生徒会会計。
キスした魔女の能力を奪う「キャプチャーの男」。
次期生徒会長選挙に出馬し、奮闘する。

小田切寧々(おだぎりねね)

寧々

朱雀高2年で生徒会書記。
元「虜の魔女」で、魔女時代は五十嵐と行動をともにしていた。
山田のことが好き。

有栖川翠(ありすかわみどり)

翠

朱雀高1年で生徒会副会長。
のほほんとした性格をしているが、腹黒い一面をみせることもある。

黒崎仁(くろさきじん)

黒崎

朱雀高1年で生徒会副会長。
生意気な後輩と思われたが、少々おバカな残念イケメンだった。

滝川ノア(たきがわのあ)

ノア

朱雀高1年で元「過去視の魔女」。
山田にはベタ惚れの小悪魔ガール。
宮村と山田イジリに磨きがかかる。

ナンシー(なんしー)

ナンシー

朱雀高2年で軽音楽部所属。
「七人目の魔女」として、過去に山田と姫川の記憶を消去したことを隠している。

姫川そら(ひめかわそら)

そら

朱雀高2年、手芸部所属。
ドジなお人好しで、手芸のセンスは極めて個性的。
山田とは過去に因縁が・・・。

萌黄ことり(もえぎことり)

ことり

朱雀高2年の魔女。
「読心の能力」を五十嵐に奪われた。
儀式のため、その奪還が急務!

五十嵐潮(いがらしうしお)

潮

朱雀高2年で将棋部副部長。
山田の旧友。
玉木と同じ能力を持ち、ことりから能力を奪った。

飛鳥美琴(あすかみこと)

美琴

朱雀高3年で元生徒会副部長。
将棋部部長を務める元「透明の魔女」。
リコールの目的は・・・!?

三浦悠里(みうらゆうり)

悠里

朱雀高1年、将棋部所属。
「操作の能力」を持つ魔女。
山田と姫川の過去を知っている・・・?

※以下からの内容はネタバレを含みます。

内容・あらすじ

第156話「これはモデルガンだ。」

モデルガン

山田のための儀式を行うために集まることになった魔女たち。
そして、ことりの能力は山田が五十嵐から取り返そうとしていた。

潮は説得に応じないのはわかっていること。
モデルガンを持って強硬手段に出る山田。

潮が一人でいるところへ乗り込み山田が話している間に取り押さえるという作戦だったが、ことりの能力を返すことをあっさり了承する潮。

しかし、条件は翌日の儀式に参加し、儀式が終わり次第、誰か一人の能力を再び奪うというものだった。
仕方なくこれを呑むことにするナンシー。

潮は去り際に山田に言った。

「何も知らんねえお前にひとつ忠告しておいてやるよ・・・」

「必死になって記憶を取り戻したところで・・・」
「おまえは不幸になるだけだぜ・・・!」

だが、山田はそれは覚悟している。
それに、全員が記憶を取り戻したからといって何も代わりはしない。

「お前の望む世界なんて・・・」
「手に入りはしない・・・!!」

山田セリフ

「・・・フン!」
「どうだろうな・・・?」

翌日、儀式を行う部屋「祭壇の間」に集まる山田と魔女たち。

第157話「容赦はしない!!」

容赦

祭壇の間に現れた潮はことりに能力を返し、遠くから見物。

ナンシーの合図で全員が目を閉じて儀式が始まる。

急に静かになったために目を開けてあたりを見渡す山田。

山田
「時間が止まったのか?」

???
「ああ、そのようだ・・・」

第158話「晴子ちゃん!」
第159話「乱取りしてくるね~♥」
第160話「あ・・・ありえねえ!!」
第161話「めっちゃフラミンゴ色だ!!」
第162話「パンツのことで責められて!!」
第163話「フラレちゃうのかしらね・・・?」
第164話「さわってほしいの・・・♥」

新章突入!

週刊少年マガジンの連載で、ついに生徒会選挙編が決着!

そして新章が始まる。
これを記念して、2015年9月16日(水)発売の42号ではセンターカラー25ページの予定。

感想

私はこの作品をよく知らないのですが、わずかなこの話だけでも大体は理解できました。
てか、ちょうど面白いところなんですね。

しかも、試し読みが絶妙なところで切れててめっちゃ先が気になります。

時間が止まったのは山田だけではないようですが、同じく止まった時間の中にいるのは誰なのか?
あの口調は確実に男ですが、まさか潮ってやつかな?

実は騙されてたとかって展開がありそう。

続きは単行本で楽しんでください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*