「四月は君の嘘」原作【漫画版】あらすじとネタバレ感想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

感動する漫画として話題を読んだ「四月は君の嘘」のネタバレ感想。

泣ける漫画をお探しの方には是非おすすめの一作。

それではいってみましょう。


スポンサーリンク

若き音楽家たちの青春を描いた「四月は君の嘘」。

今となってはそのタイトルも美しい言葉に感じます。

それぞれに抱えた思いは音楽というものを通じてつながっていく。

そして、最後には嘘が必要なものなのかそうでないのかまで考えさせられます。

※以下からの内容はネタバレを含みます。

主なあらすじ

主人公は男子中学生の有馬公生。

幼い頃から母親から厳しいピアノの指導を受けて、天才ピアニストとして有名になる。

大きなコンクールで優勝し、天才と称えられた。

しかし、まるで機械のように正確に弾くことだけを教えられていた彼のことを「ヒューマンメトロノーム」「母親の操り人形」と呼ぶ声もあった。

そして、公生が11歳の時、病気を患っていた母親が亡くなってしまう。

そのことがきっかけで、自らが弾くピアノの音が聞こえなくなり、弾くこと自体をやめてしまう。

ピアノを弾くことを避け、コンクールに出ることもなくなった。

三年後。

14歳になった公生は私立墨谷中学校の三年生となるが、未だにピアノを本気で弾くことはなかった。

ある日、幼なじみの澤部椿の友人、宮園かをりと出会う。

彼女は同じ中学に通う同級生で、ヴァイオリニスト。

かをりのコンサートを始めて見た公生は衝撃を受ける。

情熱的で感情を全面にぶつけるその演奏に、会場の誰もが感動した。

そして、公生はそれまでモノトーンにしか見えなかった全ての景色が、カラフルになっていくのに気が付く。

かをりと出会い、まわりの友達に後押しされて、公生は再びピアノと向き合おうとする。

昔からのライバルとも再会し、互いの想いをぶつけ合いながら音楽というもので表現していく。

「四月は君の嘘」の「嘘」とは?

半ば強引に公生を音楽の舞台へと引き戻したかをり。

出会った時は明かしていなかったが、彼女は命にかかわる難病を患っていた。

時間が経つにつれて、症状は悪化し、ついにはヴァイオリンの弓を持つこともできなくなる。

一人の演奏者として生きていたいと願うかをりだが、皮肉にも病気は進行していき、立ち上がることすらできなくなる。

かをりは公生の友人である渡のことが好きだと言って仲間の輪に入ってきます。

しかし、演奏は公生と二人でしたいと願っていた。

彼女のついた大きな嘘は、最後の場面で明かされますが、とても美しく儚いもので、カラフルな思い出とともに公生の胸に刻まれます。

スポンサーリンク

感想

登場するのは苦悩しながら生きる年頃の中学生ということもあって、とても純粋で一途な表現がされています。

音楽に対する思いや、身近な人へ抱く恋心。

どれも純粋で美しいものです。

公生が抱えるトラウマと、それを払拭するかのように前へと進むかをり。

その先には、もっと素晴らしい世界が待っていることをかをりは知っていたのかもしれません。

椿も、公生とかをりの姿を見て、自分の本当の気持ちにも気づきます。

それぞれが乗り越えるべき壁に苦悩しながらも、自分に素直になれず、それまで気づかなかった本当の自分の姿に気づき始めていくのです。

渡だけがあまり悩まずに突き進む人物として描かれていますが、彼は公生やかをりのことをよく理解し、少し大人な目線からひっぱてくれるキャラクターとしてさりげなく活躍しています。

作中の「名言」的な台詞は渡が多い気がします。

漫画版では、絵のタッチにも癖がなく、台詞もほどよい程度になっているのでとても読みやすいです。

また、ところどころちょっとだけ笑いも込められていたりして楽しく読めます。

音楽漫画なのにそこそこ流血シーンが出てくるのですが、血を流しているのは決まって公生ですね。

吹き出しにぶっ刺される表現はなかなか良かったです。

物語の長さもほどよく、ダラダラと続く展開ではなく、きちんと時間が流れて結末へと向かっていくため、完成度は高いと言えます。

実写映画化されるようですが、間違いなくこの感動は実写では表現できないものだと思うので、是非コミックのほうを読んでみて下さい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*